第23回(通算81回)「ハイブリッド・コミュニティ」の創造とその価値

【モノからサービスへの流れの先にくるもの】

私は、読者の皆さんと同じく、工場におけるモノづくりを通じて多くを学びました。若い頃は、日本のモノづくり技術は世界一と言われ、海外からその技術を学びに来られる方々が大勢いらっしゃいました。私自身も職場で、外国の大学からのインターン学生の指導係を何人も務めたことがあります。

その後、時代の変遷があり、経済活動の主体がモノからソフト・サービスへと移っていく様子を、まさにリアルタイムで体験してきました。

最近は、「デジタライゼーション」や「サブスクリプション・マーケティング」という言葉に示されるように、情報やサービス自体が価値を持っているのであって、モノ自体は単なるハコに過ぎないとでもいうような風潮を感じますが、私自身は「でも、やっぱりお仕事として大切なのはモノづくりで、これが基本でしょ」と思っています。きちんとつくられたモノの在庫は、安心のよすがとなるからです。

一方、毎日の生活者としての視点で振り返ると、安心というのは人との関わりにおいて意識される気持ちではないかということに気づきます。そう考えていくと、モノに始まり、ソフト・サービスへと形態を変え、さらにその先に求められるのは何かと考えると、「コミュニティ創造」という言葉が浮かび上がってきました。

【「ハイブリッド・コミュニティ」とは】

いちばん身近なコミュニティは、家族や地域社会ではないかと思います。1人の人が生まれ育っていくベースとなる場であり、生活の基盤となる、血縁・地縁で物理的なつながりの確保されたコミュニティですので、これを「リアル・コミュニティ」と呼ぶことにします。そして、このリアル・コミュニティの集合離散により拡大されて、国家や国際社会が形成されているという見方ができます。

昨今、近年発達のICTにより、人類がこれまで経験しなかったタイプのコミュニティが誕生しつつあります。SNSに代表されるインターネットつながりのコミュニティです。以前話題となった仮想空間を舞台とするセカンドライフなど、広義にはソーシャルゲームと分類されるもので、ポケモンもその仲間ではないかと思います。これらは、物理的・身体的な接触を伴わない点において、「ヴァーチャル・コミュニティ」と呼んでいいのではないかと思います。最近は、ヴァーチャルな仮想空間に逃避する方が増えているように思います。

なぜ、ここに逃避するのかというと、ここにはある種の自由が存在するからです。いろいろな自由の内、最たるものが、出入りの自由です。血縁・地縁、さらには法律・契約で縛られているリアル・コミュニティは生まれた場所で決まってしまい、そもそも自分の自由意思で入っているわけではないこともあります。また、いったん入ってしまうと簡単には抜け出ることが困難であることが多く、そのことから、生き辛さや閉塞感に苛まれる人々も多く存在します。それに対して、ヴァーチャル・コミュニティは、自分で選んで入り、嫌になったらいつでも抜けることができます。

生活の基盤となる確かさはあるけれど息苦しさもあるリアル・コミュニティと、自由だけどふわふわしているヴァーチャル・コミュニティのいいとこ取りができないものかと考えて、生まれたアイデアが「ハイブリッド・コミュニティ」です。

トヨタのプリウスに代表されるように、ハイブリッド技術は日本のお家芸ではないかと思います。中世の仏教伝来や近代の西洋文明を吸収しての独自文化の創出も同様です。

では、具体的に「ハイブリッド・コミュニティ」とはどんなものでしょうか。それは、生活基盤としての経済活動が、それぞれのコミュニティ内で循環し継続可能なローカル経済を実現します。また、複数のコミュニティが、同一空間内に多重化されて存在させることを可能にする、精密な情報コントロールを実現することができます。

このうち、ローカル経済実現のキーアイテムが、先月号に示した未来のスマートウォッチというわけです。

【ソサエティとコミュニティの違い】

ハイブリッド・コミュニティという発想は、もともとは、現政権および経団連のすすめる国家戦略「 society5.0」 に触発されて生まれたものですが、society(ソサエティ)とcommunity(コミュニティ)の違いは何だろうと疑問に思い、英国のロースクール留学から最近帰国されてNGO関係のフリーランス業務をされている友人 に相談したら、次の回答をいただきました。
「既存の制度的背景を考えると、構成人数という数の包含関係ではありませんが、多くの場合、包含関係にあるのが現状です。あくまで私の考えですが、 私はコミュニティは価値観/文化的背景/目的/場所を共有しているもので、ソサエティ はむしろもっと社会的な基盤/関係を構造的に共有しているものだと感じています。すべての人がこのフレームで使い分けをしているわけではありませんが、少なくとも、国連の文書はこの感覚で使い分けられています」。

これを聞いて、社会の中に多重化されて複数存在するハイブリッド・コミュニティ間での暮らしやすさ競争を促すことが、よりよき社会を創造する戦略になる可能性があるのだと意を強くしました。日本発の技術が世界をカイゼンできると考えるとうれしくなります。また、どちらの言葉も英語であり、外来文化の所産であることに気づきました。

であるならば、日本発のハイブリッド・コミュニティには、もっとふさわしい呼び名が必要ではないかと思います。読者のみなさまも、一緒に考えてみていただけないでしょうか。

第22回(通算80回)仮想通貨の信用失墜とその未来

【仮想通貨の信用失墜】

連載の内容を考えていた春分の日に「リオデジャネイロで開催されていたG20が仮想通貨の規制に乗り出すという共同声明を発表した」というニュースが流れてきました。2018年に入り、仮想通貨が大きな話題になったので、本号ではこの仮想通貨について考えたことや感じていることについて述べたいと思います。

最初はその可能性に期待を寄せられていた仮想通貨ですが、度重なる不祥事によって、ついに通貨としての信用を失ってしまい、とうとう、リオデジャネイロで開催されていたG20が仮想通貨の規制に乗り出すという共同声明を発表するにいたりました。20カ国の国々が結束して規制に乗り出すことになったわけです。

ビットコインにしても最近大問題を引き起こしたNEMにしても、仮想通貨という名称で呼ばれ、通貨の一種という扱いを受けていますが、これはちょっと違うんじゃないかな、と常々、私は思っていました。G20の声明においては、仮想通貨ではなく暗号資産という言い方をしていたそうです。

一般的に仮想通貨は、よく言えば金融商品ですが、その実態はギャンブル商品に限りなく近いものになってしまったのかもしれません。ただ、ビットコインは、当初は海外送金目的で中国の方々がよく使っていたそうですので、最初からギャンブル商品の側面だけを持っていたわけではないようです。

とりあえず、通貨の機能を有するものは法定でも仮想でも暗号でも、すべて“通貨”と呼ぶことは許容することにして、通貨にとって何が最も大切かというと、それが信用なのです。その信用の核をなすのが、価値の維持ということだと私は考えました。だから、各国の中央銀行は過度のインフレやデフレを警戒するのです。

 

【法定通貨も仮想通貨の側面を持つ】

そのように考えると、為替レートが変動する法定通貨も、信用失墜が進行中の仮想通貨の一種と言えるのかもしれません。皆で協力し、汗水垂らして一生懸命実現したコスト削減の成果が、わずかな為替変動で一瞬にして吹っ飛んでしまうというのは、誰が考えても異常なことです。

一方で、仮想通貨は値上がり期待の投機対象として、市場で売買されることで価格が変動するわけですから、需要と供給で価格=価値が変動する通貨ということになります。ビットコインは総発行枚数が決まっているということなので、まさに値上がり期待で売買される投機対象ということになります。

最近、流出問題を起こしたNEMについては、問題が異なるように思います。価格変動による信用失墜ではなく、流 出による価値蒸発ということになるからです。大昔の金貨や銀貨のように、形があり重さのある通貨では起こらない現象です。

この場合、流出先に価値が移動しただけならば、また別の問題となりますが、いずれにしても電気信号あるいは磁気信号としての情報自体に価値を担わせる形態の通貨が逃れることのできない、こちらも信用不安問題です。

どちらかと言いますと、ブロックチェーン技術を使った通貨の実体がインターネット上を流れ続けるデータセットであると考えると、その流れが止まる危険性は常にあります。なぜなら、ブロックチェーンというのは、地球上に張り巡らされたネットワークの中を、1秒間に地球を7回り半するスピードで流れ続けるデータセットたる情報パケットに、各地で発生した取引データを次々に追加書き込みしていくところから始まるという理解ができるからです。すると、ネットワーク配線の物理的な断線・分断だけでなく、電力供給が途絶えることにより、情報パケットの流れが止まることで、情報が消失してしまう危険性があるからことに気づきます。これは恐ろしいことですよね。

【フェリカを開発したソニーへの期待】

日本でも、最近は電子マネー支払いが急速に拡大していますが、SuicaやEdyなど以前からある電子マネーと、〇△Payと呼ばれるものとの最も大きな違いは何かご存知でしょうか。

それは、スマホのバッテリーが切れていても使えるかどうかの違いです。バッテリーが切れたら使えないお金じゃ不安になりますよね。また、インターネット上のデータの流れが止まったら消えてしまうようなお金も不安です。SuicaやEdyは、カードやスマホにフェリカチップが情報をローカル保存している点において、価値蒸発の不安がない点で通貨としての優位性があるのです。

流れを止めない適正在庫理論の示すところでは、適正量の在庫がないと流れが止まってしまいます。通貨も、「情報をローカル保存する」ことは在庫があることにつながりますから、この手間をかけることで、「流れを止めないこと」を可能にし、信用を担保しているわけです。

SF的発想になりますが、もし世界一斉停電が長期間続いたときに、電源バックアップがなくなると消失してしまうような通貨だけで経済が運営されている状況を想像してみてください。人間は電気がなくても生きていけるし、商取引もするでしょう。でも、電気がなくなったら使えなくなる通貨しか世界になかったとしたら、経済活動がストップしてしまうことが理解できると思います。

また、たしか、フェリカはソニーの開発した技術で、そのソニーが最近スマートウォッチに積極的であることを知り、大いに期待しています。スマートウォッチは、民主的で分散型の民間通貨システムを実現するためのキーテクノロジーになりうるからです。

なぜなら、生体センサーを活用して未来の基軸通貨たる生命通貨のマネジメント機能に発展可能なことと、日本のお家芸である小型・軽量化技術により、先月号で適正在庫コミュニティとして触れた「ハイブリッド・コミュニティ*」内で通用するローカル通貨として、民間通貨間の利便性競走を、ハイブリッド・コミュニティ間の生きやすさ競走に発展させる可能性があるからです。この点については、次号移行でまた取り上げる予定です。

*家族や地域社会などの伝統的なリアル・コミュニティと、SNSなどに代表されるバーチャル・コミュニティの中間に位置するコミュニティ

 

2018年6月5日(火) 週刊 適正在庫の視点から Vol.203【ハイブリッドコミュニティ時代の社会規範】

適正在庫の広場 TSCブログ
2018/06/05
【ハイブリッドコミュニティ時代の社会規範】

家族や地域社会に代表されるリアルコミュニティと
近年のSNS上に登場したヴァーチャルコミュニティの
中間に存するものとして提案している、ハイブリッドコミュニティの時代が到来したときの
社会規範はどうあるべきかについて考えてみました。

国や州毎に法律が異なるように、
コミュニティ毎に社会規範は異なる訳ですが
ハイブリッドコミュニティ間の移動や所属濃度は各人の自由となる点で
生きやすさは格段に向上します。

ところがこうなると、あらゆるハイブリッド間に共通する、あるいは最上位に位置付けられる
社会規範が必要になって、やっかいなことになります。
やっかいどころか、おそらくそれに起因して争いが起こり、人類は戦争の時代からいつまでも卒業できなくなります。
天下統一の為の戦争という大義名分が現れるからです。

『全員が従うべき掟』が存在する、ないならつくってしまおう!

この発想が、実は間違っているのではないか?
というアイデアが閃きました。

世界にAさんとBさんの二人しかいないとしたら、
AさんからBさんに対する約束と
BさんからAさんに対する約束の
2つのルールをつくればいいのではないか?

世界が三人から成っているとしたら、ルール数は6となります。
n人から構成される社会の規範数は、その組み合わせの数となるわけです。

つまり、ルールは一つである必要は無い
という、APIMのピカソロジックの発展形なわけで、
このような大規模ルール群による社会規範の実現には、
やはりIoTのようなテクノロジーの登場が待たれるわけですが、
このような発想の根底には、

『徒党を組むこと自体が悪である』
という逆説的な発想があります。

人が群れをつくり、ライオンや熊に集団で立ち向かっていた時代には100%の正当性があった
『協力』という価値観は
鉄砲にはじまるテクノロジーの獲得により一人でも猛獣に立ち向かえるようになった時代においては
人同士の争いで『徒党を組む』ことによる紛争の拡大効果によって
正当性が失われつつあるのではないかという考え方です。

同盟関係を根拠とする他者(他国)に対する干渉行為が、
("協力することは善である"と正当化されることによって、)
野放図に拡大することが、戦争がいつまでもなくならない原因のひとつになっているのではないかと考えました。

この拡大効果に一定の制限を掛ける仕掛けとして、

『各人が他者に対して持っている権利の行使にはその他者からの個別な同意を必要とする』

というルールを考案し、さらに個々人・間相互の個別ルールの集合体として社会規範を形成させる。
という発想をしたわけです。

このアイデアを、生涯でもっとも共有時間の長い方、つまり妻に話したら
「おそらく今後数千年間は続く、人類のための新しい規範になるでしょう」
とリスペクトをいただき、第一号を引き受けていただきました。

妻から私に対する誓約書の形をとり、以下の骨子から構成されるものです。

1.私の活動時間を最大化することに協力する。(相手の価値観の尊重)
2.二人の関係に基礎を置く権利を私の同意なく行使しない。(権利と行使の分離)
3.上記1,2に反する言動は無効とし、してしまった場合は現状復帰につとめる。
4.紛争に際しては、身近なルールから始めて、より上位の社会規範に従った解決をすることとし、本誓約書をその最上位に位置付ける。

2年前の結婚25周年にあたって二人で新しい夫婦像を創造しようと宣言した
 http://command-ex.com/L4283/b3014/13201
成果の第一号になるのではないかと思います。

このような、社会規範の創造の仕方について、皆様からのご意見をいただきながら、
バージョンアップ(笑)を図っていきたいと思いますので、
御協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。


【たからぶね】

「『全構成員の結集した力で各構成員の身体と財産を守ってくれるような共同体、しかも各個人は他の人々と団結しながらも誰にも服従せず、以前と同様の自由を享受できる共同体の形態はどうすれば見いだすことができるだろうか』。」

ー  ジャン=ジャック・ルソー『社会契約論』(1762年)より
 (18世紀フランスで活躍した、哲学者、思想家。ジュネーブ共和国生まれ。)

2018年5月29日(火) 週刊 適正在庫の視点から Vol.202 【時間のバランスシート】

適正在庫の広場 TSCブログ
2018/05/29
【時間のバランスシート】

昔、簿記を勉強していた頃、貸し方と借り方に分けての仕分けの意味がよくわからず、大分苦労しました。
最近になってやっと、なるほど!と合点がいくようになりました。

貸しがあると(世界のどこかに)必ず借りがあり、その逆も真であり、両者は常にバランスしている

という、基本思想が背景にあるということに気づいたのです。
最近出席した結婚披露宴で同じテーブルに着いた、経理業務歴50年という方に確認したら、
「その通り!」とのことでした。

お金の貸し借りについては、複式簿記という優れたシステムがあります。

時間の貸し借りについてはどうでしょうか?

恋人同士の待たせたり待たされたりは、別解法が必要だと思いますので
酒席のネタにしようと思いますが、

身近な例では、宅配便の受取があると思います。
送る側は、14時~16時というように、幅を持たせて到着時刻を指定します。
受け取る側も、後から受取時間帯を指定できますが、
指定した時間の間は、待機していなくてはなりません。

つまり、受け取る人は、荷物を受け取る代わりに
到着を待つ時間を提供しているわけです。

他にも、レクチャーやコンサルをする人と、受ける人の間にも、時間のやりとりがあります。
時間の貸し借りという視点で世界をみていくと、いろいろの発見がありますが、
まずは、待ち時間の貸し借りという視点を、とっかかりにして考えをすすめています。

で、ここでもテクノロジーによる解決があることに気づきます。
宅配ボックスです。

これを手がかりにして、時間のバランスシートのようなものが開発できないかなと
つらつら考えています。
読者の皆さんは、時間の貸し借りをどう管理されていますか?


【やさしくあるこうよ】

「はるのおかげで、私たちははじめて知ることができました。愛情というのは与えるものではなく、愛したいと感じる気持ちを、相手からもらうことだと」

ー  三浦しをん『まほろ駅前多田便利軒』より

018年5月22日(火) 週刊 適正在庫の視点から Vol.201【平準化サイクル】

適正在庫の広場 TSCブログ
2018/05/22
【平準化サイクル】

先週号のキーワード「時空間内の局所的偏在」の中の、
『局所的』
というのが曲者であります。

時間軸方向で1億年を視野に入れたときの50年は局所といえますが、
人生百年にとっての50年は半生となり、局所的とはいえません。

東京は日本全体からみると大きなエリアですが、
太陽系全体では局所といってしまってもよいかもしれません。

この問題を生産活動に当てはめて考えると、
平準化の問題に行き着くことに気がつきました。

月曜は仕事が無かったので、皆で半ドン帰りをしたら
翌火曜に急な大量注文が来たので、全員深夜残業となってしまいました、、、
なんてなことをやっていたら、工場で働く人の私生活はめちゃくちゃになってしまいます。

市場の需要変動を、工場内の生産活動にダイレクトに伝達させない技術が「平準化」であり、
その有力な武器となるのが、適正在庫というわけです。

在庫保有により、それがバッファーとなって外部変動を緩和することになるのですが
バッファー効果が大きすぎると、市場の動きに鈍感な製造現場になってしまい、
小さすぎると、コマネズミのようにせわしない職場になってしまいます。

そのちょうどいい加減の大きさが適正在庫ということになるのですが、
この場合の適正在庫を考える要素の一つとして挙げるのが
今週号のタイトルである【平準化サイクル】という訳です。

この言葉は、弊社葉山研究所えんじに庵を訪ねて下さった
APIMユーザーの梶矢哲博さんとのブレストで発見したものです。

やっぱり、自然のなかでのびのび交流するのっていいんですね。

あ、肝心の平準化サイクルとはなにかですが、
これについては、単行本を一冊書き上げようと、出版社の方と定例呑み会を始めたところです(笑)

かんたんに言ってしまうと、年間通じての負荷平均化なのか1週間の平均化なのか、、、
といった所をターゲットにした技術とお考え下さいませ。いまのところは、、、
年末に書籍が出版された頃には、もっとスゴイ内容に発展しているかもしれません(^.^)


【m.m】

問題を抱(かか)えるから悩みになる。
抱(いだ)くと、夢になるよ。

〔ヤポンスキー こばやし画伯〕