2019年3月27日(水)ほぼ週 適正在庫の視点から Vol.224 【APIM7特許成立のお知らせ】

【APIM7特許成立のお知らせ】

 

APIM7の核技術となる、新特許「在庫管理方法、在庫管理装置、及びプログラム」が成立し、

特許証が、本日無事に手元に届きました。

 

WIPO(国際特許事務所)からは、オールA査定をいただいており、

特許査定通知には「拒絶する理由を発見しないから、特許査定をします」と記されていて

ほとんど完璧に近い無傷の成立でした。

 

今回出願の明細書では、AIの機械学習システムを想定して、インプットデータセット自体に特許性を持たせるように

北島健次さん(栄光特許事務所)にまとめていただきました。

 

それが結果的に幸いして、海外サーバに置かれたクラウドシステムに対しても

有効な特許となったようです。

つまり、パソコンだろうと通信機器であろうと、必要データを入力した時点で特許に抵触するというわけです。

 

また、モノの動きに紐つくお金や情報やエネルギーに対しても有効である可能性があります。

それで、ポスト資本主義システムの基本特許に育てていこうと、大きなビジョンを描いております。

 

現段階では国内で成立しただけですので、

特許ライセンスの利用負担は、日本の国内ユーザーだけになってしましますが

これから、海外特許成立に向けて頑張りますので

支援・応援を引き続きよろしくお願いいたします。

 

3月1日閣議決定した、特許法改正案では

「特許権を侵害した疑いのある企業に対して技術専門家が工場などに立ち入り調査し、

裁判所に報告書を提出する制度が創設される」そうです。

また、中小企業には困難であるとされている証拠収集については

情報提供強制力のある査証(中立の技術専門家による現地調査)を設けることも検討されているそうです。

 

これは、米国や中国に大きく水をあけられている、中小企業の特許出願件数の増加を促進することで

我が国の産業競争力を強化するという、特許庁の方針が背景にあるようです。

 

特許庁長官の宗像直子氏の笑顔を新聞紙上で拝見したときに

「こんな素敵な笑顔の長官なら、、、」

と希望が湧いてきたことを覚えています。

虎ノ門にある特許庁には幾度も足を運びましたが、

職員の方々は、誇らしげに「今の長官は着任時に全ての現場を廻って声をかけてくれたんです」おっしゃっていました。

やはり、ここでも三現主義ですね(^.^)

 

以上、深夜になってしまいましたが、取り急ぎのご報告でした。

 

PS.すでにAPIMユーザーになられている皆様にも朗報なんですよ。

特許ライセンス契約が増えれば1社当たりの負担額もそれに応じて安価にしようと計画しているからです。

資金在庫においても、多すぎても少なすぎてもだめで、適正量がちょうどいいことを理論的に理解しているからです(笑)

 

 

【紫の花に詩を織る】

 

「入ろうとする意思を持てば持つほど、扉はいよいよ固く閉まる。ところが、あらゆる意図を忘れあらゆる意思を捨てることができれば、そのものの前に扉はおのずと開くのじゃ。」

 

ミヒャエル・エンデ『はてしない物語』より

2019年3月11日(月)ほぼ週 適正在庫の視点から Vol.223 【光子はらせん形(波形)を描いて進む】

【光子はらせん形(波形)を描いて進む】

 

自炊生活が板につき、タマネギをスライスしているときに閃いて題記の疑問に対する解答が見つかりました。

 

「ミクロの素粒子レベルでは、物質たる光子は波形(らせん形)を描いて進むが、

マクロ観測すると、光は直進性を示す。」

 

こう考えると、光は物質なのか波なのか?に対する疑問が氷解します。(個人的には)

 

https://d18l82el6cdm1i.cloudfront.net/uploads/eguxzm9zwn-ball.gif?fbclid=IwAR2mxql_1S3d98A8axwv2mt3vpZhrhzLqWLC65pKQXpk8Og_73JNbPuRJOQ

 

以前、ネットで拾ったこの映像を見ていて気がつきました。

金属球をレール上に転がす実験で、直線的なレール上よりも、波形を描いて上下動の大きいレール上のほうが

軌跡距離は長くなるのに到達は早い。

つまり到達速度は速くなるということを意味しています。

 

もしかしたらトリック映像かもしれませんが、そうだとしても、この映像で閃きが起こったのは事実です。

 

そして、一定とされている光速とプランク定数との間の関係式を読み解くことで

いろいろの発見が生まれそうですが、それはご専門の方々にお願いしたいと思います。

この発見をネタにして研究を進めてノーベル賞でもとっていただけたら幸甚です(笑)

あ、クレジットはよろしくです(^.^)

 

前々号に記した、素粒子の流れを止めない適正在庫理論における生命エネルギーの流れを

になう素粒子も、きっと光子と同様の性質を持つように思います。

 

物品の流れでも、資金の流れでも、エネルギーの流れでも、

流れを止めない技術が、APIMであるわけですが

いろいろある流れのどの流れを選べばいいのか?

に対する答えは、

 

いきものたる我々は、生命エネルギーの流れ維持につながる流れを選ぶべし

 

ということになりそうです。

 

また、生命エネルギーの流れは循環している

と考えるともっと素敵な事になりそうです。

 

 

【やさしくあるこうよ】

 

「ぼくたちはすれ違ってない。端と端を結んだ輪になって、ひとつにつながってるんだ」

 

—七月隆文『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』より

2019年1月25日(金)ほぼ週 適正在庫の視点から Vol.222 【完全オープンと機密情報厳守の間の適正値】

【完全オープンと機密情報厳守の間の適正値】

 

Tポイントカードの問題、Iosのwifiクライシス、そしてダボス会議での情報流通自由化提案、などなど。

 

最近、個人情報だけに限らず、情報セキュリティに関連する話題がさかんですので

流れを止めない適正在庫理論の立場から考察してみます。

 

結論からいうと、100%でも0%でもNGで、その中間に適正値がある。

そして、空間軸方向だけでなく時間軸方向での中間適正値(位置)が必要になる。ということです。

 

秘密って絶対守れないですよね(^.^)

だったら公開しちゃった方がかえって安全じゃないですか?

 

と言う立場で、Apple社はWifiマネジメントモジュールにセキュリティホールが見つかってしまった際に、オープン化を進めたわけですが、

一気に、しかも秘密裏にすすめたことで問題が生じました。

最近は徐徐にiosを改善しているようですが、一度失われた信用は簡単には戻りません。

 

Tポイントカードの場合も、

特定の方々(治安維持関係?)だけに権限を与えても

もしそれがパスワードのような秘密情報によるものだとしたら

いずれは漏洩してしまい、黒ハッカーのような悪意の特殊技能者の手に渡ってしまうと危険な事になるのです。

で、あるならばカード保有者自身も含めて、選択的な公開情報にすることで、この問題は解決に向かうと考えます。

SNSは自分自身で自分の個人情報のどこまでを公開するかが決められる点で優れているように思います。

ただ、悪意あるアプリによって情報漏洩が止まらないようですがw

 

時間軸方向で考えると、機密保持期間となります。

これも、ある期限が来たら一気に公開するのではなく、

徐徐にぽろぽろと漏らしていくのがよかろうというのが適正値の考え方です。

 

数年前に公開された「実写版・宇宙戦艦ヤマト」(キムタク主演、マイコさんご出演)では、

橋爪功演ずる地球防衛軍総司令がヤマトがイスカンダルから帰還するまでの1年間、

ある秘密を守り通しました。

イスカンダルからたどり着いた宇宙船の使者、スターシャは、

コスモクリーナー(放射能除去装置)の設計図を授けるとは明言していなかったのですが、

宇宙船不時着地点近傍の放射能が消えていたことから、

「きっと、あるだろう」と見当をつけて人類全体にウソをつき通したのです。

放射能汚染で滅びようとしている全人類が、絶望したまま絶滅するよりは

もしかしたら助かるかもしれないという希望のもとに滅びる方が幸せだろうという判断だったわけです。

結果的に人類は救われたのですが、キムタクは死んじゃいました(涙)

社会のリーダーは大変ですね(^.^)

 

私も40年間、守り通した秘密がありました。真面目な性格なので約束は守るのです(笑)

学生時代の釣りサークルのリーダー・片山先輩との約束で守り通した秘密ですが、

数年前に母校で講義をした際に、その釣りサークル所属の後輩に会って確認したら

確かに秘密が守られていたようです。

 

しかし、家族にも誰にも言えない秘密を守り通すことは大変な苦労でありました。

LGBTや出生地の秘密ならば、パートナーができれば共有できますし、身近にいる同郷の方々と慰めあうことができますが、

大学卒業後はたった一人になるので、全くの孤独な状況となるわけです。

誰とも共有できない秘密、、、これは辛かったです。

 

で、最近になってぽろぽろとうちわけ話をし始めたのですが、

徐徐に徐徐にの方針なので、いずれみなさまにも公開する日がくると思って下さいませ(笑)

 

 

【紫の花に詩を織る】

 

僕は贅沢です だからさ 少しでも余裕のある時には 笑ってさ 笑ってさ

たまに正直な君のことを想ってさ 話すようにするよ 直喩のまま 直喩のまま

 

何度でも何度でも 話すんだ 僕らしく

嘘でもいい 嘘でもいい話を

 

サカナクション「enough 」より

2019年1月8日(火)ほぼ週 適正在庫の視点から Vol.221 【素粒子の流れを止めない適正在庫理論】

【素粒子の流れを止めない適正在庫理論】

 

正月休みは映画三昧でしたので、この年末年始の奇跡のようなことどものしめくくりとして

題記映画「素粒子」をとりあげたいと思います。

 

この映画は、全欧に衝撃を走らせたといわれる原作を映画化した2006年の独作品です。

当初は、愛に基盤を置いた一神教社会の末路を描いた映画と考えていたのですが

どうもそれだけではないことに気づきました。

 

エロ男の兄と、性的接触によらぬ人工生殖の研究をすすめるカタブツ生物学者の弟の生涯を描いた、

この映画のエンディングメッセージは以下のとおりです。

 

約45年後に、科学界は結論づけた。

性欲と支配欲は、素粒子レベルで関係し、

支配欲の追求が戦争を産むのだと。

 

私の高校時代の初恋の人(もちろん片思い)はぶっ飛んでいて、そこに惹かれたのですが、

あるとき、全女性を敵に回すような爆弾発言をしました。

「ねぇねぇ○×△、あんたゆうべオナニー何回やったの?顔色悪いわよ」

周囲の女子達の反応から、それが真実である事は一目瞭然でした。

 

AV界のフィクションでなく、それがノーマルなことである事を知らされた瞬間であったのですが、

その意味することを理解したのは最近のことです。

 

また、私の友人の修験道の師匠はいつもこうおっしゃっていたそうです。

「女は月の引力で定期的に身体に入ってしまった悪しきものを外に排出しているが、

男にはそのようなメカニズムがないのでダメなんだ」

 

このことを補強するエピソードとして、

最近3人目のお子さんを出産した別の友人の体験談はこうです。

 

毎晩クラブに入り浸って、お酒がぶがぶタバコすぱすぱな生活の結果、子宮筋腫になってしまい、

もう子供を産むことは出来ませんねと医師から宣告された彼女は

現在の夫と知り合って心を入れ替え、生活改善をし、

数年前に第一子を帝王切開で出産したのですが、

そのときに、テニスボール大の筋腫が5,6個ごろごろ出てきたのだそうで、その写真には驚かれされました。

そして、その後は健康そのもので、禁じ手である自然分娩で第2,3子をご出産されたそうです。

つまり、女性は生理と出産による、自然力のセルフデトックスメカニズムを持っているわけです。

 

そして、最近のニュースである「宇宙の95%を占める暗黒流体」(仮説)です。

これは、かつて「暗黒物質」と称せられ、

万物を貫いて宇宙から到達すると言われたニュートリノの存在が、

我が国の技術(職人芸)たるスーパーカミオカンデ実験・測定により

証明されたことを起点として、ヒッグス粒子の存在証明にもつながり

いくつかのノーベル賞をもたらした宇宙物理学の仮説の延長にあります。

 

ところで、セルフデトックスメカニズムを持たない男性はどうなるのか?

ここで、流れを止めない技術の出番となります。

 

キーワードは「排精」です。

 

(女性の場合)

1.月の引力→排卵→生理=定期自然デトックス

2.性欲→性的接触→妊娠→出産=生殖&非定期大デトックス

 

(男性の場合)

3.性欲→性的接触→射精=生殖&非定期デトックス

4.性欲→性的非接触→排精=自律デトックス

 

この4に登場する「排精」が、男性を救い世界を救うのではないかと考えます。

もちろん、私が勝手につくった造語ですが(笑)

冒頭エピソードに挙げた行為に相当するとお考え下さいませ。

まぁ、男性も女性もみんなが普通にやっていることなので

決して罪悪視してはならないですよ!ということを述べたかったわけです。

 

仏哲学者ミシェル・フーコーは、

生涯の研究を「性の歴史」全3巻にまとめたゲイさんでもありましたが、

映画のエンド・メッセージの内容について、どう触れていたのかとても興味があります。

 

でも多くの場合、

「あなたはわたしのものよ」

「おまえはおれのものだ」

という感情が性的接触を機に芽生えることは事実であり、

中には征服欲を満たすために異性をくどきおとす輩もいるようですから

性的接触と支配欲には強い関係があるように思います。

 

であるならば、映画のエンディングメッセージは、

性欲を性的接触に修正して次のようにすべきかと思います。

 

性的接触と支配欲は、素粒子レベルで因果関係をもつ。

 

また、ここから先は、性欲をエロスと言い換えようと思います。

 

エロスは生命の源であり、活力の源泉でもあります。

けっして罪悪視すべきではありません。

そして、それはもしかしたら、ニュートリノやヒッグス粒子のように

万物を貫いて宇宙から降り注ぎ、大気中に満ち満ちて渦を巻いている「生命エネルギーの流れ」なのかもしれません。

 

ここで、流れを止めない機能をつかさどるのが、我々人類を含む生きものなのでしょう。

 

大気中には、善き生命エネルギーだけでなく、

ウィルスや細菌、毒素や有害添加物、あるいは放射線や放射性物質など、悪しきものも

渦巻いています。

これらを完全に除去して無菌状態を保つことは実現不可能であるし

それの行き着く先は宇宙の死であるのかもしれません。

 

であるならば、悪しきものを減らす努力は必要であるけれど

もしそれが体内に侵入してしまったら、

それらを速やかに体外に排出することのほうが現実的です。

また、エロスのように善きものであったとしても、

体内に留まりすぎると、過剰在庫の状態になったり、腐敗してしまいます。

 

ここでも役に立つのが「流れを止めない」技術となります。

そしてその一部としての流れを止めない適正在庫算出技術たるAPIMなのです(笑)

 

というわけで、やっぱり商品PRになってしまいましたが、

この年末年始に、自分自身の身体を実験台にして、

以上の仮説を実証する人体実験を行いました。

 

結論から申し上げると、いま私が健康を取り戻した事がその証拠であります。

 

年始の首筋糞粒削除手術に始まり

春の声帯ポリープ、夏の老眼急進行に引き続き

年末にかけて、帯状疱疹ヘルペスウィルスの侵入を許してしまい

また脳梗塞の症状が現れて緊急入院までしたのですが、

今では、誰も入院していたことを信じてくれないほどに、顔色もよくピンピンしています。

 

これは、ダリ・アンプにより異変を察知したら

お風呂に入って、自分で足裏のデトックスラインをマッサージして、おしっこをたくさん出し、

それでも出切れていないと感じたら、

エロスを喚起する視覚・音声刺激をつかった非接触排精によるデトックスを、

数週間続けた結果であると考えています。

いい年したじじぃが年甲斐も無くみっともないと笑われそうですが

私としては生死を掛けた真剣な営みであったのです。

どうかご理解賜りたく、、、

 

そしてさらに、毎日クリニックに通って、足裏にある脳の反射区を揉んでいただきました。

頻繁すぎて普通ならストーカー扱いされるかもしれなかったのですが、

事情を理解してくださり、親指の腹にある脳の反射区を、

激痛に悲鳴をあげられても心を鬼にして揉んで下さったセラピストさん達に感謝です。

 

また、勝手に協力させてしまった、インターネット映像にも密かに感謝しています。

将来は、セクサノイドのようなアンドロイドがとって代わると思いますが

精巧な人形つくりの日本の職人芸は世界一だということですから

日本のものづくり技術が、世界を救うことになるのかもしれませんね(^.^)

 

以上をまとめての結論として申し上げると、

 

エロスを性的接触に直結させること、及び接触と非接触を混同してはならず、

(経済力や法権力も含めての)ちからづくでの接触はイカン!

ということです。

 

ちからづくの接触が、相手を依存させたり屈服させたりするアプローチを経て

人が人を所有する支配欲を増幅させ、ひいては組織的暴力たる戦争を生み出す。

 

つまり、エロスそのものは決して悪しきものではなく、ちからづくの性的接触がイカンのだ。

これを撲滅することで、戦争をなくせるかもしれない。

ということになりましょうか。

 

 

【やさしくあるこうよ】

 

元来我々の欲求は我々に与えられた者であって、自由にこれを生ずることはできない。

ただ惑与えられた最深の動機に従うて働いた時には、自己が能動であって自由であったと感ぜられるのである、これに反し、かかる動機に反して働いた時には強迫を感ずるのである、これが自由の真意義である。

 

ー西田幾多郎『善の研究』より

 

2018年12月27日(木)ほぼ週 適正在庫の視点から Vol.219 【2018年の締めくくりはポジティブ思考で!】

【2018年の締めくくりはポジティブ思考で!】

 

私自身の2018年は、還暦の厄年そのままで5回もお医者さんにかかったのですが

全て無事に乗り切り、今になって振り返るとかえって得るものが大きかったので

本年最後のメルマガはポジティブ思考で締めくくりたいと思います。

 

1.年初の糞粒(こぶ)切開除去手術

これは生まれて初めての手術がこわかっただけで、美人の女医さん看護師さん7名に囲まれての

30分間の手術はとても幸せなひとときでしたので、OK!

 

2.春の声帯ポリープ除去手術

いっときは声が全く出なくなったので、そのまま仕事もできなくなるんじゃないかと不安になり、

しかも最初の大病院からは、高額の大手術を予告され、なにかあっても病院の責任は問えなくなる旨の念書の

提出も必要であるとのことで、4thオピニオンまで諦めずにお医者さんを訪ねた結果

5分の内視鏡手術しめて2万円で、あっさり治ってしまいました。

さらに無理な禁煙ストレスが原因であると断定された結果、

大手を振ってぷかぷか出来るようになりましたので、これもOK!

 

3.夏の老眼急進行

まぁ、年齢相応の老眼になったということですが、

逆に近視が治って、映画館で眼鏡使用が不要になったことと、

文字より映像・画像が楽なため、シニア割引の映画と写真美術館通いが

はじまり芸術鑑賞の新ジャンル開拓となったので、OK!

 

4.秋の帯状疱疹

帯状疱疹ポリープウイルスの侵入により発症しかかったのですが、

APIM7の基本技術たる「ダリ・アンプ」を自身の身体に適用した結果

些細な異変に気づくことができ、超早期発見&特効薬のおかげで

発症前に完治してしまいました。

これは今後、APIM7技術の優位性PRに役立ちそうです(^.^)

さらに、ウイルスと共存することで、働き過ぎのアラートを発してもらえる

メカニズムを内在することになり、よきブレーキになってもらえるようになりました。

自分では自覚できない疲労に反応してウイルスが活動開始するそうで、これもOKです!

 

5.年末の脳梗塞入院

だれにも信じていただけないのですが、つい先日まで、脳梗塞で緊急入院していました。

もともと緊張・興奮すると舌を噛むクセがあり滑舌が苦手だったのですが

これもダリ・アンプのおかげで、超々早期発見で病院に飛び込んだ結果

初めての入院生活で、美人看護婦さんに囲まれて楽しい日々を過ごせましたし

滑舌苦手意識が明確になった結果、発声前に一呼吸置くクセをつけることができましたので

言わなくていいことを、口が先に動いて、言ってしまって

相手の心を傷つけたり、言い争いになって自分も損したりすることを

防止することができるようになりました(と、思っています)

なので、これもOKです!

 

というわけで、おわりよければすべてよし!!!

みなさま、よき新年をお迎え下さいませ〜

 

 

【やさしくあるこうよ】

 

「あした、死ぬとしたら、何をする?」

「死ぬもんか。あしたもあさっても生き延びる」

 

ー金城一紀『対話篇』より