2018/2/22木曜日 日刊工業新聞にて掲載されました

適正在庫の広場 TSCブログ
2018/02/22

【発注点容易に割り出し】【日刊工業新聞 2018/2/22木曜日 掲載されました】

本日の日刊工業新聞にて、中小企業向け在庫管理システム「APIM de 発注点」が掲載されました。

テクニカルソリューションズ(東京都品川区、勝呂隆男社長、03-6420-3952)は、中小企業向けの在庫管理システム「APIM (エイピム) de 発注点」を市場投入した。
適正在庫になる量を算出し、発注が必要になる量である「発注点」を簡単に割り出す。低価格に抑えながら、エクセルを使った簡単な操作で使えるようアレンジした。
価格は月額4万8000円(消費税抜き)。初年度50本の販売を目指す。

ソフトを起動し、日ごとの出荷数や販売数、注文から仕入れまでにかかる日数など必要な数字を入力すると、すぐに発注点が割り出される。この発注点で発注する体制にすれば、無駄がなく欠品も起こさない在庫を維持出来る。在庫管理者の負担を大幅に減らせるという。テクニカルソリューションズは従来、大企業向けに多機能の在庫管理システムを販売してきた。

発注点管理に特化した簡易モデルに刷新することで操作性を上げ、コストを抑えた。そのため、中小企業でも手軽に導入できる。

勝呂社長は「適正な在庫を持つ体制が整えば交渉やかけひきの時間を減らせる。素材メーカーから組み立て現場まで、サプライチェーン全体に広めたい」と話している。

♢APIM de 発注点の詳細はこちらから♢
http://www.tscinc.co.jp/apim%20de%20hatyu.html

 

2018年3月13日(火) 週刊 適正在庫の視点から Vol.188【歴史に学ぶということ】

適正在庫の広場 TSCブログ
2018/02/13

 

 

【歴史に学ぶということ】

 

あたらしいビジネスモデルとして 「コミュニティ創造」 が浮上してきたので、
歴史から学ぼうと思っています。 ロジカルなシステム設計はお手の物ですが、
現状のレガシーシステムから、理想とするシステムまでどう移行させればよいか
についての知見は歴史から学ぶことが多いだろうと思ったからです。

 

まずは安直にビデオ「そのとき歴史が動いた」全10巻を
通勤時間を利用して観てみました。 学ぶべきこと沢山でしたが、
一番感銘したのは、伊達政宗の生き方でした。 遅れてきた戦国武将として、
これからは軍事力ではなく経済力の時代であると考え方を改め

戦争によらずして開墾によって百万石を達成したのです。

 

最近の世界経済の動向を見ていると 経済力の時代もそろそろ終わりを
告げようとしているのが分かります。 軍事力、経済力、、
と来たら、次は魂力ですかね(^.^) 未来に向けてどう一手を打つか?

歴史から学ぶべきこと、まだまだ沢山ありそうです。

 

【紫の花に詩を折る】

「世の中に片付くなんてものは殆どありゃしない。
一遍起こったことは何時までも続くのさ。ただ色々な形に変るから、
他にも自分にも解らなくなるだけの事さ」

夏目漱石「道草」より

 

 

2018年2月6日(火) 週刊 適正在庫の視点から Vol.187【コミュニティの創造】

適正在庫の広場 TSCブログ
2018/02/06

 

【コミュニティの創造】

コンピュータが生まれた頃、ソフトウェアはハードウェアのおまけとして
無料で付いてくるものでした。その後、売り切り製品に昇格し、更にライセンス商品、
クラウドサービス、、、 と変遷を遂げています。

このあと、どんな方向に行くのか?

いや、私がどうしたいかというと、 それが、今週のタイトルの「コミュニティの創造」です。
在庫管理や生産管理・販売管理のクラウドサービスでは、取引データを
クラウドにアップしなければならないために ユーザーは、経営的に大きなリスクを負います。

いったん他社にデータを預けてしまったら 永久に解約できなくなる危険性があるからです。
そこで、ユーザーのデータは預からずに API連携の方法で、
APIMの機能だけを提供するという方向で 研究を進めています。

そしてこのたび、品川区から公的助成をいただいたことをきっかけに、みずほ銀行や
グローバルITベンダーの支援までいただけることになり 会員数が増えても
事務管理経費がほとんど増えない という途が拓けました。

スポーツクラブだと、スペースや設備の制約から
会員増には限界があります。 しかし、ソフトウェア・コミュニティでは、
ユーザー会員数はいくらでも増やせる可能性があるのです。

すると、会員数が増えれば増えるほど会費を安くなるコミュニティも
実現可能になります。こんな風に、コミュニティを創造する!という意識で
活動を拡げていけばいいのだと気づいたのでした。

この視点で考えをすすめていくと、 これまでの、
ソフトウェアビジネスの常識にとらわれない斬新な発想がいろいろ生まれています。
そのなかで、一番大きいのが、誰とでも仲間になって協力できるということです。

業種や専門に関係なく、芸術家やスポーツ選手やセラピストなど
いろいろな方をお仲間に加えることで、コミュニティの価値を高められるからです。
そして仲間に入れる基準が、 誰か他の人の幸せ量を少しでも
増やしてあげられるひと、ということになります。

こうなってくると、お仕事がますます楽しくなっちゃいますね(^.^)

 

【やさしくあるこうよ】

「いろんな景色を見る為にはさ、窓を広げておかないとな」 「…窓?」 「ああ、窓。ついでに言えば、
いつか、同じ景色を眺めて、一緒に楽しめるパートナーがいれば、最高だと思うよ。遠回りでも」
「…そのパートナーも、広い窓から探すのね」 「そういうこと」

ー乃南アサ『窓』より

 

 

 

 

品川情報クラスターフェア2018 プレゼン開催

適正在庫の広場 TSCブログ
2018/02/05

 

大崎ブライトコアホールにて開催されました、品川情報クラスターフェア2018にて、
新サービス「AIPM de 発注点」のプレゼンをさせて頂きました。

 

 

弊社プレゼンの最初に1分半程の寸劇を開催。在庫削減と欠品防止、
同時実現の指示の為に「ダブルバインド状態」におかれる社員を表現、大好評にて終了いたしました。

 

 

2月14日にリリースいたします、新サービス「AIPM de 発注点」は
在庫の 「発注点」 を ズバリ算出 するソフトウェアです。

APIM7を中小・小規模事業者向けに、操作簡単・省コスト版としてリメイクしました。
世界最高の技術はそのままにAPIM7の「発注点算出機能」に絞った月額制ソフトウェアです。

 

♢「AIPM de 発注点」の詳細はこちら♢
http://www.tscinc.co.jp/apim%20de%20hatyu.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SCM・IT経営・実践研究会 勝呂隆男

適正在庫の広場 TSCブログ
2018/02/05

 

 

弊社代表、勝呂隆男によるSCM・IT経営・実践研究会での講演、
在庫現象について、2018年1月27日(土)豊洲文化センター にて開催されました。

 

#未来在庫 #安全在庫の古典理論 #月刊工場管理 #勝呂隆男
#サプライチェーン #リードタイム #在庫削減 #安全在庫 #SCM #IT