2018/2/22木曜日 日刊工業新聞にて掲載されました

適正在庫の広場 TSCブログ
2018/02/22

【発注点容易に割り出し】【日刊工業新聞 2018/2/22木曜日 掲載されました】

本日の日刊工業新聞にて、中小企業向け在庫管理システム「APIM de 発注点」が掲載されました。

テクニカルソリューションズ(東京都品川区、勝呂隆男社長、03-6420-3952)は、中小企業向けの在庫管理システム「APIM (エイピム) de 発注点」を市場投入した。
適正在庫になる量を算出し、発注が必要になる量である「発注点」を簡単に割り出す。低価格に抑えながら、エクセルを使った簡単な操作で使えるようアレンジした。
価格は月額4万8000円(消費税抜き)。初年度50本の販売を目指す。

ソフトを起動し、日ごとの出荷数や販売数、注文から仕入れまでにかかる日数など必要な数字を入力すると、すぐに発注点が割り出される。この発注点で発注する体制にすれば、無駄がなく欠品も起こさない在庫を維持出来る。在庫管理者の負担を大幅に減らせるという。テクニカルソリューションズは従来、大企業向けに多機能の在庫管理システムを販売してきた。

発注点管理に特化した簡易モデルに刷新することで操作性を上げ、コストを抑えた。そのため、中小企業でも手軽に導入できる。

勝呂社長は「適正な在庫を持つ体制が整えば交渉やかけひきの時間を減らせる。素材メーカーから組み立て現場まで、サプライチェーン全体に広めたい」と話している。

♢APIM de 発注点の詳細はこちらから♢
http://www.tscinc.co.jp/apim%20de%20hatyu.html

 

品川区産業活性化支援事業

適正在庫の広場 TSCブログ
2017/11/06

 

2017年度『品川区産業活性化支援事業』の新製品・新技術開発
(ソフトウェア開発費)の助成対象にAPIM7が選出されました。