2018年6月5日(火) 週刊 適正在庫の視点から Vol.203【ハイブリッドコミュニティ時代の社会規範】

適正在庫の広場 TSCブログ
2018/06/05
【ハイブリッドコミュニティ時代の社会規範】

家族や地域社会に代表されるリアルコミュニティと
近年のSNS上に登場したヴァーチャルコミュニティの
中間に存するものとして提案している、ハイブリッドコミュニティの時代が到来したときの
社会規範はどうあるべきかについて考えてみました。

国や州毎に法律が異なるように、
コミュニティ毎に社会規範は異なる訳ですが
ハイブリッドコミュニティ間の移動や所属濃度は各人の自由となる点で
生きやすさは格段に向上します。

ところがこうなると、あらゆるハイブリッド間に共通する、あるいは最上位に位置付けられる
社会規範が必要になって、やっかいなことになります。
やっかいどころか、おそらくそれに起因して争いが起こり、人類は戦争の時代からいつまでも卒業できなくなります。
天下統一の為の戦争という大義名分が現れるからです。

『全員が従うべき掟』が存在する、ないならつくってしまおう!

この発想が、実は間違っているのではないか?
というアイデアが閃きました。

世界にAさんとBさんの二人しかいないとしたら、
AさんからBさんに対する約束と
BさんからAさんに対する約束の
2つのルールをつくればいいのではないか?

世界が三人から成っているとしたら、ルール数は6となります。
n人から構成される社会の規範数は、その組み合わせの数となるわけです。

つまり、ルールは一つである必要は無い
という、APIMのピカソロジックの発展形なわけで、
このような大規模ルール群による社会規範の実現には、
やはりIoTのようなテクノロジーの登場が待たれるわけですが、
このような発想の根底には、

『徒党を組むこと自体が悪である』
という逆説的な発想があります。

人が群れをつくり、ライオンや熊に集団で立ち向かっていた時代には100%の正当性があった
『協力』という価値観は
鉄砲にはじまるテクノロジーの獲得により一人でも猛獣に立ち向かえるようになった時代においては
人同士の争いで『徒党を組む』ことによる紛争の拡大効果によって
正当性が失われつつあるのではないかという考え方です。

同盟関係を根拠とする他者(他国)に対する干渉行為が、
("協力することは善である"と正当化されることによって、)
野放図に拡大することが、戦争がいつまでもなくならない原因のひとつになっているのではないかと考えました。

この拡大効果に一定の制限を掛ける仕掛けとして、

『各人が他者に対して持っている権利の行使にはその他者からの個別な同意を必要とする』

というルールを考案し、さらに個々人・間相互の個別ルールの集合体として社会規範を形成させる。
という発想をしたわけです。

このアイデアを、生涯でもっとも共有時間の長い方、つまり妻に話したら
「おそらく今後数千年間は続く、人類のための新しい規範になるでしょう」
とリスペクトをいただき、第一号を引き受けていただきました。

妻から私に対する誓約書の形をとり、以下の骨子から構成されるものです。

1.私の活動時間を最大化することに協力する。(相手の価値観の尊重)
2.二人の関係に基礎を置く権利を私の同意なく行使しない。(権利と行使の分離)
3.上記1,2に反する言動は無効とし、してしまった場合は現状復帰につとめる。
4.紛争に際しては、身近なルールから始めて、より上位の社会規範に従った解決をすることとし、本誓約書をその最上位に位置付ける。

2年前の結婚25周年にあたって二人で新しい夫婦像を創造しようと宣言した
 http://command-ex.com/L4283/b3014/13201
成果の第一号になるのではないかと思います。

このような、社会規範の創造の仕方について、皆様からのご意見をいただきながら、
バージョンアップ(笑)を図っていきたいと思いますので、
御協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。


【たからぶね】

「『全構成員の結集した力で各構成員の身体と財産を守ってくれるような共同体、しかも各個人は他の人々と団結しながらも誰にも服従せず、以前と同様の自由を享受できる共同体の形態はどうすれば見いだすことができるだろうか』。」

ー  ジャン=ジャック・ルソー『社会契約論』(1762年)より
 (18世紀フランスで活躍した、哲学者、思想家。ジュネーブ共和国生まれ。)

2018年5月29日(火) 週刊 適正在庫の視点から Vol.202 【時間のバランスシート】

適正在庫の広場 TSCブログ
2018/05/29
【時間のバランスシート】

昔、簿記を勉強していた頃、貸し方と借り方に分けての仕分けの意味がよくわからず、大分苦労しました。
最近になってやっと、なるほど!と合点がいくようになりました。

貸しがあると(世界のどこかに)必ず借りがあり、その逆も真であり、両者は常にバランスしている

という、基本思想が背景にあるということに気づいたのです。
最近出席した結婚披露宴で同じテーブルに着いた、経理業務歴50年という方に確認したら、
「その通り!」とのことでした。

お金の貸し借りについては、複式簿記という優れたシステムがあります。

時間の貸し借りについてはどうでしょうか?

恋人同士の待たせたり待たされたりは、別解法が必要だと思いますので
酒席のネタにしようと思いますが、

身近な例では、宅配便の受取があると思います。
送る側は、14時~16時というように、幅を持たせて到着時刻を指定します。
受け取る側も、後から受取時間帯を指定できますが、
指定した時間の間は、待機していなくてはなりません。

つまり、受け取る人は、荷物を受け取る代わりに
到着を待つ時間を提供しているわけです。

他にも、レクチャーやコンサルをする人と、受ける人の間にも、時間のやりとりがあります。
時間の貸し借りという視点で世界をみていくと、いろいろの発見がありますが、
まずは、待ち時間の貸し借りという視点を、とっかかりにして考えをすすめています。

で、ここでもテクノロジーによる解決があることに気づきます。
宅配ボックスです。

これを手がかりにして、時間のバランスシートのようなものが開発できないかなと
つらつら考えています。
読者の皆さんは、時間の貸し借りをどう管理されていますか?


【やさしくあるこうよ】

「はるのおかげで、私たちははじめて知ることができました。愛情というのは与えるものではなく、愛したいと感じる気持ちを、相手からもらうことだと」

ー  三浦しをん『まほろ駅前多田便利軒』より

018年5月22日(火) 週刊 適正在庫の視点から Vol.201【平準化サイクル】

適正在庫の広場 TSCブログ
2018/05/22
【平準化サイクル】

先週号のキーワード「時空間内の局所的偏在」の中の、
『局所的』
というのが曲者であります。

時間軸方向で1億年を視野に入れたときの50年は局所といえますが、
人生百年にとっての50年は半生となり、局所的とはいえません。

東京は日本全体からみると大きなエリアですが、
太陽系全体では局所といってしまってもよいかもしれません。

この問題を生産活動に当てはめて考えると、
平準化の問題に行き着くことに気がつきました。

月曜は仕事が無かったので、皆で半ドン帰りをしたら
翌火曜に急な大量注文が来たので、全員深夜残業となってしまいました、、、
なんてなことをやっていたら、工場で働く人の私生活はめちゃくちゃになってしまいます。

市場の需要変動を、工場内の生産活動にダイレクトに伝達させない技術が「平準化」であり、
その有力な武器となるのが、適正在庫というわけです。

在庫保有により、それがバッファーとなって外部変動を緩和することになるのですが
バッファー効果が大きすぎると、市場の動きに鈍感な製造現場になってしまい、
小さすぎると、コマネズミのようにせわしない職場になってしまいます。

そのちょうどいい加減の大きさが適正在庫ということになるのですが、
この場合の適正在庫を考える要素の一つとして挙げるのが
今週号のタイトルである【平準化サイクル】という訳です。

この言葉は、弊社葉山研究所えんじに庵を訪ねて下さった
APIMユーザーの梶矢哲博さんとのブレストで発見したものです。

やっぱり、自然のなかでのびのび交流するのっていいんですね。

あ、肝心の平準化サイクルとはなにかですが、
これについては、単行本を一冊書き上げようと、出版社の方と定例呑み会を始めたところです(笑)

かんたんに言ってしまうと、年間通じての負荷平均化なのか1週間の平均化なのか、、、
といった所をターゲットにした技術とお考え下さいませ。いまのところは、、、
年末に書籍が出版された頃には、もっとスゴイ内容に発展しているかもしれません(^.^)


【m.m】

問題を抱(かか)えるから悩みになる。
抱(いだ)くと、夢になるよ。

〔ヤポンスキー こばやし画伯〕

2018年5月15日(火) 週刊 適正在庫の視点から Vol.200【時空間内の局所的偏在】

適正在庫の広場 TSCブログ
2018/05/15
【時空間内の局所的偏在】

適正在庫算出技術APIMは、日米で特許が成立し、公開もしている技術です。
ライセンス供与もオープンに受け付けているのですが、
なぜか、非公開技術と勘違いしている方がいらっしゃいます。

特許には独占権が認められていますが、
権利を持っていることと、それを行使することは、
別物であると私は考えますので、
良き技術は広く活用していただいて、
在庫管理業務の現場で苦労している皆様のお役に立ちたいと思っています。
もちろん、無条件での技術供与はあり得ませんが、、、

数年前に特許公開後に追加した詳細技術も含めて公開したのですが、
それでも、「ブラックボックスなのは、、、」
とおっしゃる方が少数ながら残っているので、調べてみると
どうも競合からのネガティブキャンペーンの存在が浮かび上がってきました。

ちなみに、最近のネガティブキャンペーンの流行は、
未知の未来に向けて適用する値なので、算出結果の妥当性検証が原理的に不可能であるという、
不可知論あるいは、まるで禅問答のような問いかけですが、
これなどは、お試しで計算してみた結果を、実務者が見ればすぐにわかることですし、
実値シミュレーションでもすればバッチリ確認できることです。

実際、私のところでは簡単にお試しできるサービスをご提供していますので、
遠慮なくご活用いただけたらと思います。

前置きが長くなりましたが、
表題の「時空間内の局所的遍在」
に戻ります。

これが、流れを止めない適正在庫算出技術APIM7のコア技術として公開するフレーズです。

偏在があるから、高低差や濃度差あるいは寒暖差などが生じて、流れが起こり、
それが生命の源流となるのではないかとも考えられます。
この偏在を数理モデルに基づき定量化する技術が、APIM7のコア技術となります。

知性と良心の両方をお持ちの、経営者・技術者・実務者の方々数名から、
この一言でご納得いただくことができました。

もし、これでもまだモヤモヤされているあなた!
なにか大事なものが欠けているのかもしれませんよ(笑)



【紫の花に詩を織る】

「何かについて描写するとき、僕は必ずその場に物理的に居合わせます。」

村上春樹

2018年5月8日(火) 週刊 適正在庫の視点から Vol.199 【ブラックジャック現る】

適正在庫の広場 TSCブログ
2018/05/08
【ブラックジャック現る】

声帯ポリープ手術が無事に成功し、良性ポリープであったことも確認できました。
声質、健康状態も極めて良好です。

1年前のポリープ確認から約1年かかって問題解決に至りました。
個人クリニックから大病院まで5人の医師と、
民間療法者2名、そして不思議ちゃん友人1名に診ていただいたことで、
多くの知見を得ることができましたので、
今週号はそれを皆さんと共有したいと思います。

結論から申し上げると、

「医療のように高度な専門知識・技術・技量サービスを受けるときは
小規模組織、できれば個人で独立した活動を続けているプロフェッショナルを選ぶべし!」

ということです。

数多くの専門家を訪ね歩いたのは、
自分の声がでなくなったのは何故なのか?
について理解したかったからですが、
これに対する明確な回答を示してくれたのは、
ボイストレーニング経験者の友人でした。

大病院の若手医師は、最新鋭の内視鏡を使って
「声帯を閉じることで声が出るのだが、ポリープがあると閉じれなくなるので声がでなくなる」
という説明をされ、高価な内視鏡の鮮明な映像と共に、医師になって3年間で手術実績30件以上という言葉に
さすが大病院は手術経験をたくさん積めるので安心だと思い、いったんは手術日程まで確定して準備を進めておりました。

ところがこの説明を、友人が明確に否定してしまったのです。
発声メカニズムは、声帯を閉じるモードと開くモードの2通りがあり、
日本人の多くは、閉じて声を出している人が多いだけ。
という説明でした。

なるほどこの説明なら、手術を受ける前の身体トレーニングで、声が復活した理由がわかります。
声帯を開いて声を出す方法を、一晩で習得できたからであると考えると納得がいくからです。

更に、大病院のホームページを調べると
病院全体での、声帯ポリープ手術の近年の実績数は年間14,5件であることが判明しました。
しかも、手術実績豊富であることの説明として表記されていたのです。

おそらく、若手医師はつい背伸びして、
アシスタントとして参画した手術件数も含めて、
またもしかしたら、声帯ポリープ手術以外の手術件数もうっかり含めて30件と回答したのだと思います。

でも、これが大病院にとどまらず、大組織、大企業から専門知識・技術・技量サービスの提供を受けるときに
陥りがちな罠ではないかと思いました。

更に更に、初めての入院手術(2泊3日)で、しかも全身麻酔も初体験であることに興奮して友人達に触れ回ると、
麻酔から目覚めることがなくても、最悪手術が失敗して死亡しても、病院の責任は問わない旨の誓約書への署名を求められるということを知らされたことから、
疑問が生じて、グーグル先生にいろいろ教えていただいた結果、ブラックジャックに出会えたのです。

実は私は、工場建設技術コンサル先のベンチャー企業で、内視鏡手術用具の設計支援にも携わったことがあるので、
どうして、声帯ポリープを取るだけの手術なのに、全身麻酔をかけて医師3人かがりの手術である必要があるのか不思議に思っていました。

グーグル先生は、美人医師を紹介して下さり、
お目にかかるだけでも?、、、と思って訪ねてみると、
いきなり、飄々としたおじさんのブラックジャックが現れて、たった10分でポリープを切除してしまったのです。

以上のような極めて個人的な体験により得た結論が、

高度な専門技術は個人プロフェッショナルに任せるべし!

というわけなのですが、

これって、実は私の仕事の宣伝になっていました(笑)

PS.病理組織検査結果を聞くために再びブラックジャックを訪ねた際、
何故?を問うためにエビデンスを持参したのですが、ひとこと次のように言われて納得してしまいました。
「あなたはまったくわるくない」


【やさしくあるこうよ】

君はあなた自身を創造していると思いなさい。

ー岡本太郎『壁を破る言葉』より