2017年3月24日(金)週刊 適正在庫の視点から 【号外】無料試算特典付き!4/21適正在庫セミナーのご案内

適正在庫の広場 TSCブログ
2017/03/27

ご好評をいただいている「新・適正在庫の考え方求め方セミナー」 のご案内をさせていただきます。

次回は、4月21日(金)です。

新任の生産管理・在庫管理担当者には定番となっているようで

PC演習を交えて、懇切丁寧に楽しく基本を学ぶセミナーです。

最新版APIM7リリース開始を記念して

<適正在庫無料試算>の特典をつけましたので

自社の適正在庫を知る方法を学びたい方々は是非ご検討下さいませ。

少人数限定・先着順となりますので、ご検討よろしくお願いいたします。

http://command-ex.com/L4283/b4337/12601

<カリキュラム>

1. イントロダクション  会社概要と講師紹介

2. 講演「適正在庫の考え方」

2-1 在庫適正化の悩みと解決策

(1) 欠品と過剰在庫の同時発生

(2) 適正在庫が分からない

(3) 担当者が忙しく在庫適正化まで手がまわらない

(4) アイテム数が多く在庫基準値のメンテナンスが追いつかない

2-2 「在庫」を根本から考える

(1) 在庫とはそもそも何か?

(2) 在庫減らしによるムダの顕在化

(3) 在庫がいらない理想条件

(4) 在庫を積極的に持つ理由

(5) 正しい在庫基準値の設定で「在庫適正化」は簡単に進む

【プレ演習】地頭で考える適正在庫理論

家庭の冷蔵庫の中のタマゴの発注点をどう決めたらいいか?

この問題を「最初に理論計算式ありき」ではなく、地頭で考える実地演習により、地頭アプローチをご理解いただきます。

2-3 安全在庫の古典理論

半世紀以上前に生まれた統計的安全在庫の理論(古典理論)からは学ぶべきことは多々あります。

その本質をアニメーションを用いて分かりやすく解説します。

2-4 適正在庫理論APIM

(1)適正在庫算出技術の核心である需要の多峰型確率分布

(2)古典理論の限界とそれを解決したAPIMの特徴

リードタイム変動/間欠需要/未来在庫

(3)安全在庫はひとつだけではない~ピカソロジック

(4)リードタイム分析技術

2-5 シンプル生産・在庫管理システムの提案

3.【グループ演習】地頭で安全在庫を決めてみる

現実の出荷伝票を手にとって、こんな売れ方をする商品の安全在庫はいくつ持てばいいのかを、地頭で議論して決めていただきます。その結果は、後ほど理論式を使った算出結果と比較し、更に自分でシミュレーションを行って確認をします。

4.技術解説「統計的安全在庫の古典理論」

1.安全在庫算出式と発注点算出式

2.統計数学の基礎   標準偏差、正規分布、分散の加法性、中心極限定理

3.許容欠品率(サービス率)の考え方

4.エクセルによる安全在庫と発注点の計算方法

5.古典理論の使える部分と使えない部分

5.【PCグループ演習】適正在庫の求め方

【課題1】メーカー販売拠点の安全在庫計算とPCシミュレーション検証(定期発注方式)

【課題2】小売店の発注点計算とハンドシミュレーション(間欠需要でリードタイムが変動する場合の発注点方式)

【課題3】供給元との稼働日・時間ギャップの大きいECサイトの発注点

6.【PC個人演習】適正在庫7つ道具体験実習

下記に示す「適正在庫7つ道具」を使って自社の在庫適正化方策を検討します。

①適正在庫算出ソフト本体

②発注点探索シミュレータ ?生産計画シミュレータ

③サプライチェーンシミュレータ

④実行リードタイム計算ツール

⑤リードタイム短縮効果検証ツール

⑥需要予測値確率的合成計算ツール

【参加者特典】

APIMで適正在庫を10品目まで【無料】で計算します!

内容は「適正在庫算出サービス」に準拠するもので、 別途日時を改めて実施します。

データを持参してご来社いただき、 自社の適正在庫がいくつになるのかをその場で計算します。

シミュレーションも行い、ショートコンサルもいたします。

 

【ご感想は本メールへの返信でどうぞ】 ときどき、本メールへの返信でご感想をお送りいただくことがあったのですが、 とってもうれしいことなので、正式に受け付けることにいたします。 いただいたご感想にはできるだけお返事を差し上げるように致します。 本文の感想だけでなく、コラムの感想も大歓迎です。 そのままメール返信していただけるだけで届きますので、お気軽にご意見・ご感想お寄せ下さいませ。

___________________________________

適正在庫算出システAPIM http://www.tscinc.co.jp/apim.html

適正在庫算出サービス http://www.tscinc.co.jp/calculate.html

____________________________________

勝呂隆男講師セミナーのご案内

TSC主催 新・適正在庫の考え方・求め方セミナー(2017/4/21 東京) http://www.tscinc.co.jp/seminar/zaiko.html

TSC主催 適正在庫算出ソフトAPIM7リリース記念講演会(2017/4/5 東京)

http://www.tscinc.co.jp/seminar/zaiko_free.html

____________________________________

勝呂隆男の適正在庫四部作(日刊工業新聞社発行)

「適正在庫の定め方・活かし方」http://www.tscinc.co.jp/book/141122t-sadame.html

「適正在庫の考え方・求め方」 http://www.tscinc.co.jp/book/030910tekisei.html

「適正在庫のマネジメント」http://www.tscinc.co.jp/book/050120t-management.html

「適正在庫のテクニック」http://www.tscinc.co.jp/book/060310t-technique.html

____________________________________

勝呂隆男のブログ「タイムエンジニア日記」 http://ameblo.jp/timengineer

「適正在庫の広場」http://www.tscinc.co.jp/wordpress/

____________________________________

【発行責任者】 テクニカルソリューションズ株式会社 代表取締役社長 勝呂 隆男 技術士(経営工学) 中小企業診断士

【テクニカルソリューションズ】http://www.tscinc.co.jp

【Facebook】https://www.facebook.com/TSC.APIM/?fref=ts

【twitter】https://twitter.com/inventory_apim

【登録解除】http://command-ex.com/rm4283/1/4337/252/melmag%40tscinc.co.jp/

【登録】https://beast-ex.jp/fx4283/3

【バックナンバー】http://arrival-ex.jp/bkn4283/TSC1/

【季刊誌『波』購読申込】http://www.tscinc.co.jp/nami/

【ご意見・ご感想】本メールへのご返信でお気軽にどうぞ! セミナー・講演受講申込者や名刺交換させていただいた方々と、 FBページ 適正在庫の広場、弊社HPから読者登録いただいた方々に 配信しています。

____________________________________

2017年3月21日(火)週刊 適正在庫の視点から Vol.144【ほうれんそうの秘密】

適正在庫の広場 TSCブログ
2017/03/21

【ほうれんそうの秘密】

報告・連絡・相談の「ほうれんそう」は、ご存じの方が多いと思います。 ところが、その本来の意味を知っている人は少ないようです。

「ほうれんそうが会社を強くする」ー報告 連絡 相談の経営学ー (山崎富治著、ごま書房1986)

この本が原点のようですが、 山種証券社長であった山崎氏の考えは

「上司に報告・連絡・相談をきちんとしなさい」ではなく

「互いに報告・連絡・相談をしやすい雰囲気の職場をつくろう」だったのです。

本来の意図とは逆の意味に転じてしまったのですが

同じような例に「リストラ」もあるように思います。

言葉は生きものですから 言い出した人の思い通りには広まらないものとはいえ 山崎氏は天国からどうみているのかなぁと考えてしまいました。

「適正在庫」という言葉も そんな危険を持っています。

最初に言い出した私が、せっせと手入れをしてはいますが

ともすれば、金儲け至上主義のベンダーやコンサルタントに

都合よく使われることが多くなったように思います。

2週間前の「流れを止めない適正在庫」は

そんな危機感から発せられた言葉でもあります。

流れを止めないという思想からは

自社の在庫を減らすために 取引先や顧客に過剰な在庫負担を強いる

という発想は生まれてこないだろうと考えたわけです。

 

【やさしくあるこうよ】

どんな「決まり事」に、私たちは縛られて生きてきたんだろうか。同じ機能と耐久性を持っているのなら、遊び心があって、気持ちが穏やかになって、それだけで癒され、楽しくなる、そういう乗り物の方がいいに決まってるのに。子どもだけじゃない。大人だってそうなのに。

ー乃南アサ「たまて箱列車で見る夢は」より

 

【無料!最新版APIM7リリース記念講演会 2017/4/5東京】  進化の果てにたどり着いた究極の適正在庫算出技術が明らかにされます!

http://command-ex.com/L4283/b4337/12591

【ご感想は本メールへの返信でどうぞ】 ときどき、本メールへの返信でご感想をお送りいただくことがあったのですが、 とってもうれしいことなので、正式に受け付けることにいたします。 いただいたご感想にはできるだけお返事を差し上げるように致します。 本文の感想だけでなく、コラムの感想も大歓迎です。 そのままメール返信していただけるだけで届きますので、お気軽にご意見・ご感想お寄せ下さいませ。

___________________________________

適正在庫算出システAPIM http://www.tscinc.co.jp/apim.html

適正在庫算出サービス http://www.tscinc.co.jp/calculate.html

____________________________________

勝呂隆男講師セミナーのご案内

TSC主催 新・適正在庫の考え方・求め方セミナー(2017/4/21 東京) http://www.tscinc.co.jp/seminar/zaiko.html

TSC主催 適正在庫算出ソフトAPIM7リリース記念講演会(2017/4/5 東京)

http://www.tscinc.co.jp/seminar/zaiko_free.html

____________________________________

勝呂隆男の適正在庫四部作(日刊工業新聞社発行)

「適正在庫の定め方・活かし方」http://www.tscinc.co.jp/book/141122t-sadame.html

「適正在庫の考え方・求め方」 http://www.tscinc.co.jp/book/030910tekisei.html

「適正在庫のマネジメント」http://www.tscinc.co.jp/book/050120t-management.html

「適正在庫のテクニック」http://www.tscinc.co.jp/book/060310t-technique.html

____________________________________

勝呂隆男のブログ「タイムエンジニア日記」 http://ameblo.jp/timengineer

「適正在庫の広場」http://www.tscinc.co.jp/wordpress/

____________________________________

【発行責任者】 テクニカルソリューションズ株式会社 代表取締役社長 勝呂 隆男 技術士(経営工学) 中小企業診断士

【テクニカルソリューションズ】http://www.tscinc.co.jp

【Facebook】https://www.facebook.com/TSC.APIM/?fref=ts

【twitter】https://twitter.com/inventory_apim

【登録解除】http://command-ex.com/rm4283/1/4337/252/melmag%40tscinc.co.jp/

【登録】https://beast-ex.jp/fx4283/3

【バックナンバー】http://arrival-ex.jp/bkn4283/TSC1/

【季刊誌『波』購読申込】http://www.tscinc.co.jp/nami/

【ご意見・ご感想】本メールへのご返信でお気軽にどうぞ! セミナー・講演受講申込者や名刺交換させていただいた方々と、 FBページ 適正在庫の広場、弊社HPから読者登録いただいた方々に 配信しています。

____________________________________

第8回(通算66回)循環棚卸は毎朝のあいさつみたいなものです

【これが日本の最先端の近所付き合いです】

まずは、ネットで拾った昨秋の神戸新聞夕刊の記事をご覧ください。

「理解に苦しんでいます

住んでいるマンションの管理組合理事をやっているのですが、先日の住民総会で、小学生の親御さんから提案がありました。「知らない人にあいさつされたら逃げるように教えているので、マンション内ではあいさつをしないように決めてください」。子どもにはどの人がマンションの人かどうかは判断できない。教育上困ります、とも。すると、年配の方から「あいさつをしてもあいさつが返ってこないので気分が悪かった。お互いにやめましょう」と、意見が一致してしまいました。その告知を出すのですが、世の中変わったな、と理解に苦しんでいます。(神戸・西、自営、男、56)」

 

私は、投稿者と同性で年齢が近いこともあるのでしょうか、かなり共感してしまいました。また、若い頃には工場の製造現場で、まずはあいさつからと徹底的に躾けていただきましたので、工場管理の読者の皆さんとも価値観の共有はできると思います。

ところで、そもそも、あいさつや礼儀、マナーというものは、プロコトル(外交典礼もしくは通信手順)としての側面を持っているので、特に頑張って真心を込めなくても、カタチさえ間違えなければ最低限度の良好な人間関係を保てるというとても便利なツールではないか、とパーティでご一緒したマナーコンサルタントの方に申し上げたら、「いいえ、こころを込めることが大切なんです」と激怒されたことがあります(笑)

でも、あいさつの基本というのはこんなものではないかと思います。お互いに相手に対して「私はあなたに敵意を持っていませんので攻撃をすることはありません」ということを表明するというコミュニケーションツールであり、これを交わすことでお互いの安全が確保されるわけです。

そういう意味で、子どもの安全のためにあいさつをさせないというのは逆効果ではないかと思います。

【五反田と葉山】

この二つの街は、私の仕事場があるところですが、共通点が「あいさつ」に関係しています。五反田は東京都品川区にある「東の五反田、西の西中島」と評されているベンチャー企業の聖地として知られつつある元気のあるオフィス街です。我が社の本社機能と営業・広報機能を置いています。葉山には研究所を設置して、技術開発と執筆活動を行っています。どちらも、あいさつがよく交わされる街であることが共通点としてあげられるのです。

葉山は「知らない人でも知ってる人でも、街中で顔を合わせたら、まずはあいさつする」がデフォルトになっています。小さな街なので、よく知人・友人とばったり会うことが多いのですが、ときどきどなただったっけということがあり、面倒くさくなったので無条件に挨拶するようになりました。

最初はそうした形式的なお声がけだったのに、それがきっかけで、通りで会話するようなったりします。若い女性から笑顔であいさつを返されたりすると、もうそれだけで2,3日は幸せな気分が持続します(笑)。お互い安心を得られることもあり、あいさつっていいなって思えます。

五反田は都会ですので、見知らぬ方と通りであいさつすることはあまりありませんが、宅配便や郵便の配達員の方々とは顔見知りでよくお互いに声を掛け合っています。おまわりさんや、子供たちを散歩させている地元の保育園の保母さん保父さんともよくあいさつを交わします。カフェやランチでお世話になっている店員さん、あるいはコンビニ店員さんも顔見知りになっていて、お店でも通りでもよくお話しします。先日などは、ド・トール店員の田中さんと久しぶりに銀行で再開して、お互いの安否を確認してしまいました。タバコをやめて喫煙ルームに行かなくなったせいか、しばらくお会いしておらず、互いに心配していたのでした。

そして、もう一つの大切な共通点は、街に活気が溢れていて、道行く人々の表情が明るいこと。その結果、そこに身を置くことでやる気が湧いて仕事もバリバリ進むことです。

【モノにも声を掛けてあげよう】

心を込めて、モノづくりをしているときは、手がけているモノに心の中で自然と声を掛けていることが多いと思います。作っている最中は心を掛けていても、出来上がった後に忘れ去られてしまい行き先も決まらず放置されているモノが不動在庫です。

自工場に放置されている在庫品はありませんか?

定期的に現場を廻って在庫に声を掛けてあげよう、あいさつをしよう!というのが、実は循環棚卸です。在庫はそれ自体が悪いのではなく、きちんと適正管理されていないことが悪なのです。なので、まずは、どこにどれだけ在庫があるのかを把握すること、つまり棚卸を定期的に行うことが大切なわけで、毎朝のあいさつが大切なわけです。

ここで、

毎朝の=>定期的に

顔を合わせてあいさつ=>現物を確認

というようにご理解ください。在庫管理では、在庫数量が時間の経過とともにどう増減しているかを把握することが大事なので、「定期的に」というのが重要になるのです。それから、「現物を確認」というのも、パソコンの画面でデータだけを見るのではなく、現場に足を運んで自分の目で見て確認しましょうということです。

適正在庫管理も、最初から難しく考えずに、まずは棚卸をするところから始めるとよいと思います。

2017年3月14日(火)週刊 適正在庫の視点から Vol.143【時は刻むもの】

適正在庫の広場 TSCブログ
2017/03/15

【時は刻むもの】

ひところ、リードタイム短縮が在庫削減の要であるとされましたが その根拠は、

安全在庫の古典理論が示す次の計算式でした。

安全在庫 ss=k√(T)σ

この式は科学的な誤りであることが証明されてしまいましたが

右辺にリードタイム長さであるTがあることから

安全在庫を小さくするためにはリードタイム短縮が有効であるとされていたわけです。

最新の研究によれば リードタイムで大切なのは 長さそのものではなく

入庫のタイミングであることがわかっています。

出庫の前に在庫が補充されれば欠品にはならないわけですから

大事なのは、入庫と出庫のタイミング、

つまりどっちが先になるかということです。

時間は連続的に流れるものというよりは 刻むものなのかもしれません。

この発見、リードタイムだけに限らず 金融業における、

資金の時間的価値の算出にも応用できそうで、

時間そのものの研究にもつながりそうです。

 

【廻れ!マリーゴーランド】

きみは、絵の裏側を見てるんだろう。そっちからはなにが見えるの?教えてよ。 ー アントニオ・タブツキ『逆さまゲーム』より

 

【ご感想は本メールへの返信でどうぞ】

ときどき、本メールへの返信でご感想をお送りいただくことがあったのですが、 とってもうれしいことなので、正式に受け付けることにいたします。 いただいたご感想にはできるだけお返事を差し上げるように致します。 本文の感想だけでなく、コラムの感想も大歓迎です。 そのままメール返信していただけるだけで届きますので、お気軽にご意見・ご感想お寄せ下さいませ。

 

___________________________________

適正在庫算出システAPIM http://www.tscinc.co.jp/apim.html

適正在庫算出サービス http://www.tscinc.co.jp/calculate.html

____________________________________

勝呂隆男講師セミナーのご案内

TSC主催 新・適正在庫の考え方・求め方セミナー(2017/3/15 東京) http://www.tscinc.co.jp/seminar/zaiko.html

TSC主催 適正在庫算出ソフトAPIM7リリース記念講演会(2017/4/5 東京)

http://www.tscinc.co.jp/seminar/zaiko_free.html

____________________________________

勝呂隆男の適正在庫四部作(日刊工業新聞社発行)

「適正在庫の定め方・活かし方」http://www.tscinc.co.jp/book/141122t-sadame.html

「適正在庫の考え方・求め方」 http://www.tscinc.co.jp/book/030910tekisei.html

「適正在庫のマネジメント」http://www.tscinc.co.jp/book/050120t-management.html

「適正在庫のテクニック」http://www.tscinc.co.jp/book/060310t-technique.html

____________________________________

勝呂隆男のブログ「タイムエンジニア日記」 http://ameblo.jp/timengineer

「適正在庫の広場」http://www.tscinc.co.jp/wordpress/

____________________________________

【発行責任者】 テクニカルソリューションズ株式会社 代表取締役社長 勝呂 隆男 技術士(経営工学) 中小企業診断士

【テクニカルソリューションズ】http://www.tscinc.co.jp

【Facebook】https://www.facebook.com/TSC.APIM/?fref=ts

【twitter】https://twitter.com/inventory_apim

【登録解除】http://command-ex.com/rm4283/1/4337/252/melmag%40tscinc.co.jp/

【登録】https://beast-ex.jp/fx4283/3

【バックナンバー】http://arrival-ex.jp/bkn4283/TSC1/

【季刊誌『波』購読申込】http://www.tscinc.co.jp/nami/

【ご意見・ご感想】本メールへのご返信でお気軽にどうぞ! セミナー・講演受講申込者や名刺交換させていただいた方々と、 FBページ 適正在庫の広場、弊社HPから読者登録いただいた方々に 配信しています。

____________________________________

2017年3月07日(火)週刊 適正在庫の視点から Vol.142【流れを止めない適正在庫】

適正在庫の広場 TSCブログ
2017/03/15

【流れを止めない適正在庫】

なぜ、人の命を奪ってはいけないか?

子供にも分かるように説明する方法を考えていたら、ある発見に至りました。

人の命を奪ってはいけないのは、

それが「取り返しのつかないこと」だからで

さらに動物や植物まで拡大して説明するために

「流れを止めてはならない」という原理に辿り着きました。

 

心や身体を傷つけたり、モノやお金を奪っただけなら

後から誠意を持って謝罪し、元に戻すことで許して頂ける可能性があるけれども

命を奪ってしまったら、もう元には戻せなくなるので、

「取り返しのつかないことをしてはならない」となります。

 

自分の生命を維持するために、動物や植物を食することが許されるのは

食物連鎖や遺伝情報連鎖などの「命の流れを維持する」ためだからということで 説明がつきます。

 

「流れを止めてはならない」

に気づいた瞬間、

これって適正在庫じゃん!

と閃いてしまいました。

 

少なすぎて欠品になれば、モノの流れは止まるし

多すぎれば滞留することでも流れを止めることになるからです。

 

これは使えるなと思い、

先週、山形県にある中小企業の工場を訪れた際に

現場の皆が困っていたり悩んでいる問題をどんどん出してもらって

この原則で解決策を考えていったら、すらすら解けてしまいました。

 

たとえば、こんな感じです。

「高額部品の購買先を、今より安くなるけど遠い所にある会社に代えた方がいいでしょうか?」

「その部品が急に必要になることがありますか?」

「はい、今は近くの会社からなので、そういうときは直ぐに持ってきてもらえてます」

「新しい調達先からの納入を待つ時間が長くて、こちらの製造ラインが止まってしまうようなら、やめたほうがいいですね」

「そうかっ!」

「悩み事のある人が移載作業をしている後ろ姿を見てると、途中で動きが止まっているのが分かるんです」

「動きが止まらないように、悩み相談に乗ってあげようね」

「はいっ」

...

調子に乗って工場の外の事も解いてみました。

・原発による放射能汚染は、宇宙全体に対しては取り戻せるかもしれないけど、人間や人類にとっては一生あるいは種絶滅までには取り戻せないのでNG.

・お魚や野生動物の乱獲も、種族が絶滅したら元に戻らなくなるのでNG.

 

昔は、適正在庫が分からなかったので、全部まとめて「在庫は悪」としていたのが

適正在庫を算出する技術を開発したことで よい在庫とわるい在庫を分けることが出来るようになりました。

 

これと同じ事が、「流れを止めてはならない」でできないものかと考え始めています。

たとえば、ウソをつくこと自体を悪と決めつけるのではなく、

よいウソとわるいウソを分ける基準にこの原理を使うのはどうでしょうか?

しきたりや、きまりごと、各種ルールなどの判断基準にも適用できそうです。

悪法が作られていく過程を目の当たりにしてしまうと、特にその必要性を感じてしまいますねw

 

【やさしくあるこうよ】

ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。淀みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。 ー鴨長明『方丈記』より

 

【ご感想は本メールへの返信でどうぞ】

ときどき、本メールへの返信でご感想をお送りいただくことがあったのですが、 とってもうれしいことなので、正式に受け付けることにいたします。 いただいたご感想にはできるだけお返事を差し上げるように致します。 本文の感想だけでなく、コラムの感想も大歓迎です。 そのままメール返信していただけるだけで届きますので、お気軽にご意見・ご感想お寄せ下さいませ。

___________________________________

適正在庫算出システAPIM http://www.tscinc.co.jp/apim.html

適正在庫算出サービス http://www.tscinc.co.jp/calculate.html

____________________________________

勝呂隆男講師セミナーのご案内

TSC主催 新・適正在庫の考え方・求め方セミナー(2017/3/15 東京) http://www.tscinc.co.jp/seminar/zaiko.html

 

TSC主催 適正在庫算出ソフトAPIM7リリース記念講演会(2017/4/5 東京)

http://www.tscinc.co.jp/seminar/zaiko_free.html

____________________________________

勝呂隆男の適正在庫四部作(日刊工業新聞社発行)

「適正在庫の定め方・活かし方」http://www.tscinc.co.jp/book/141122t-sadame.html

「適正在庫の考え方・求め方」 http://www.tscinc.co.jp/book/030910tekisei.html

「適正在庫のマネジメント」http://www.tscinc.co.jp/book/050120t-management.html

「適正在庫のテクニック」http://www.tscinc.co.jp/book/060310t-technique.html

____________________________________

勝呂隆男のブログ「タイムエンジニア日記」 http://ameblo.jp/timengineer

「適正在庫の広場」http://www.tscinc.co.jp/wordpress/

____________________________________

【発行責任者】 テクニカルソリューションズ株式会社 代表取締役社長 勝呂 隆男 技術士(経営工学) 中小企業診断士

【テクニカルソリューションズ】http://www.tscinc.co.jp

【Facebook】https://www.facebook.com/TSC.APIM/?fref=ts

【twitter】https://twitter.com/inventory_apim

【登録解除】http://command-ex.com/rm4283/1/4337/252/melmag%40tscinc.co.jp/

【登録】https://beast-ex.jp/fx4283/3

【バックナンバー】http://arrival-ex.jp/bkn4283/TSC1/

【季刊誌『波』購読申込】http://www.tscinc.co.jp/nami/

【ご意見・ご感想】本メールへのご返信でお気軽にどうぞ! セミナー・講演受講申込者や名刺交換させていただいた方々と、 FBページ 適正在庫の広場、弊社HPから読者登録いただいた方々に 配信しています。

____________________________________