2018年2月27日(火) 週刊 適正在庫の視点から Vol.190【ハイブリッド・コミュニティのデジタル通貨momo・mo】

適正在庫の広場 TSCブログ
2018/03/05

【ハイブリッド・コミュニティのデジタル通貨momo・mo】

3年前【momo・mo構想とは?】(2015/6/30発行のVol62)に発表した内容が、
不思議なことに現実化しつつあるようです。 数ヶ月後に日銀がマイナス金利を発表し、
その後も仮想通貨の普及が進展しています。 この構想は、どんどん進化しつつあるので、
ここらで整理して 次の展開を示しておこうと思います。

キーとなる概念は 【community4.0】2017/12/25発行 【コミュニティの創造】2018/2/6発行 の延長に来る
【ハイブリッド・コミュニティ概念】です。 家族や地域社会など伝統的なコミュニティは、
リアル・コミュニティ。 近年増殖しつつあるのがSNSなどの、ヴァーチャル・コミュニティ。
その中間に存するのが、ハイブリッド・コミュニティというわけです。
どこが、ハイブリッドかというと、 電子マネーによる民主的なデジタルコミュニティ通貨が流通することです。

これにより、空間の制約にとらわれないが、 独自通貨により、現実生活と紐づけられており、
更に、出入りの自由のあるコミュニティを実現できるのではないかと考えています。
そして、コミュニティ間での競争を促進することで より民主的で利便性が高く住み心地のよい
コミュニティが生き残ることに なるのではと期待しています。

【紫の花に詩を織る】
いずれにしても、非常識と常識の間のような、そんな何処か矛盾した場所に、
私は「普通」を感じるみたいです。本当に不思議な人生を、私は今、歩んでいます。

松たか子/「父と娘の往復書簡」より

コメントは受け付けていません。