2018年3月27日(火) 週刊 適正在庫の視点から Vol.194【一番だけじゃダメなんじゃない?】

適正在庫の広場 TSCブログ
2018/03/29

【一番だけじゃダメなんじゃない?】

 

美女来たるの報をうけて、蓮舫さんとツーショットを撮りに行きました。
「一番じゃなきゃダメなんですか?」の方でしたので、 この問題について考えてしまいました。

まっさきに思い浮かぶのが、 受精の瞬間の光景です。

たくさんの精子が卵子を目指して一番乗り競争を繰り広げ、
どれかが最初に到達した瞬間に受精卵になり、
遅れたものは消えていく、、、 保健か理科の授業でこんなことを教えらえた記憶があります。
一番を目指す価値観の原点はこの辺りにあるような気がします。

でもこれってほんとかな?

一番先にたどり着いても、 へたれだったら相手にされずに受精させることができなかったり、
一番乗りだからということで、卵子の中に入れても受精させる力がなくて 後からの方々への門戸を
閉ざさせるだけで、卵子諸共消えていく、、、 これが実情ではないかと思いました。

だから、一番だけじゃダメなんじゃない? となるわけです。

未開部族や動物界・生物界、あるいは自然界の現象を手掛かりに
人間のありかたを示す発想には気をつけなければならないなと思います。
たいていの場合が、自分の主張に都合の良い現象だけを取り上げているだけだからです。

 

 

【紫の花に詩を織る】

「それじゃあ、ひとつ秘策を教えましょう」 「え?そんなものがあるんですか!」
「ありますよ。ズルをすればいいんです。」 「え?ズルですか?」

(中略)

勝負というのは、「勝ちたい」と思った瞬間に汚れが入ってしまう。
だから私は、「勝ち」よりも「強くなる」ということを大切にしろと言い続けている。

桜井章一

 

 

コメントは受け付けていません。