発注点方式でいけるかどうかの判定基準

適正在庫の広場 TSCブログ
2018/04/03

 

|発注点方式

適正在庫を実現する一番簡易な方法、それは「発注点方式」という在庫管理方式です。
事前に発注点を決めておき、毎日在庫をチェックし、
発注点を割ったら発注するというカンタンな方式です。

ただし、発注点を正しく設定する必要があります。


発注点=リードタイム中平均需要量+安全在庫

で計算されますが、ここでも安全在庫を最小限の値に設定しないと
安心在庫になってしまい、過剰在庫を招くことになります。

また、多くの企業で見かけるのはリードタイム中平均需要だけで設定するという間違いです。
これでは、欠品が頻発することになります。

それでは、発注点の考え方を説明しましょう。

在庫が発注点に到達したら発注が行われますが、すぐには品物ははいってきません。
入荷されるまでの間にも在庫は減っていきますので、
その間の需要をまかなえる量の在庫がはじめになければなりません。

つまり発注した瞬間に持っているべき在庫量が発注点の値となるのです。


|発注点方式でいけるかどうかの判定基準

海外調達品でリードタイムが長く、3ヶ月あるいは半年に及ぶこともあるような品目は、
発注点管理をすべきではありません。なぜなら、発注点というのはそもそも、
発注してから入荷するまでの期間中の出荷量、
つまり、リードタイム中需用量を基に算出されるからです。

 

当然、リードタイムが長い品目は、リードタイム中需用量が多く、
発注点も大きくなりすぎることとなり、過剰在庫を招く結果となります。

 

このような品目、すなわち超納期品にふさわしい発注方式は、需要予測に基づくものとなります。

 

適正在庫算出ソフトAPIM7_テクニカルソリューションズ株式会社

 

 

 

コメントは受け付けていません。