2018年4月3日(火) 週刊 適正在庫の視点から Vol.195【声復活】

適正在庫の広場 TSCブログ
2018/04/03
【声復活】

声帯ポリープですが、経過観察で医師から手術を勧められました。
真っ直ぐに医師の目を見ながら、「先生、よろしくお願いいたします」と一礼すると
「い、いえ、私はできないので、、、、病院を紹介します」と返ってきたので、
手術はしないことにしました。

ただ、こちらからの質問に対しては、情報開示をしっかりしてくれたので
それを基に、次のように判断しました。

声帯にポリープができたから声が出なくなった、のではなく、
発声方法に問題があったので、声が出なくなったのだ、と。

したがって、ポリープ切除によって、一時的に声が出るようになっても
発声方法を改めなければ、ポリープが再発して、また声が出なくなる可能性があります。

そこで、身体の使い方の専門家に指導を仰いだところ、
一晩で、声が復活しました。

1年ほど前から始まっただみ声には変わりませんが
発声を控えながらであれば、仕事には差し支えなくなりました。

はじめに戻りますが、
なぜ、医師の勧告に従わなかったかというと、

「はい、どうぞ安心して私におまかせください」
という言葉が返ってこなかったからなのです。

以前、別の手術を受けたときは
診断した医師が自ら執刀されたのですが
「私がメスを握りますから、大丈夫です。安心してください」
と言われたので、心から信頼して手術を受けることが出来ました。

私も、クライアントに提供する製品・サービスについては、
全て自分で開発していますし、自ら手を下し、決して人任せにはしません。

高度な専門知識を必要とする仕事は
分業体制の大きな組織に任せるより
一匹狼のプロフェッショナルに任せた方がいいのかもしれません。

ブラックジャックのように、、、


【やさしくあるこうよ】

「あなたはどうなの?さっきから聞いてると師匠、師匠って、あなただって落語をやるんでしょう?どうして、自分を聞きにこいって言わないのよ?」

ー佐藤多佳子『しゃべれどもしゃべれども』より

コメントは受け付けていません。