第22回(通算80回)仮想通貨の信用失墜とその未来

【仮想通貨の信用失墜】

連載の内容を考えていた春分の日に「リオデジャネイロで開催されていたG20が仮想通貨の規制に乗り出すという共同声明を発表した」というニュースが流れてきました。2018年に入り、仮想通貨が大きな話題になったので、本号ではこの仮想通貨について考えたことや感じていることについて述べたいと思います。

最初はその可能性に期待を寄せられていた仮想通貨ですが、度重なる不祥事によって、ついに通貨としての信用を失ってしまい、とうとう、リオデジャネイロで開催されていたG20が仮想通貨の規制に乗り出すという共同声明を発表するにいたりました。20カ国の国々が結束して規制に乗り出すことになったわけです。

ビットコインにしても最近大問題を引き起こしたNEMにしても、仮想通貨という名称で呼ばれ、通貨の一種という扱いを受けていますが、これはちょっと違うんじゃないかな、と常々、私は思っていました。G20の声明においては、仮想通貨ではなく暗号資産という言い方をしていたそうです。

一般的に仮想通貨は、よく言えば金融商品ですが、その実態はギャンブル商品に限りなく近いものになってしまったのかもしれません。ただ、ビットコインは、当初は海外送金目的で中国の方々がよく使っていたそうですので、最初からギャンブル商品の側面だけを持っていたわけではないようです。

とりあえず、通貨の機能を有するものは法定でも仮想でも暗号でも、すべて“通貨”と呼ぶことは許容することにして、通貨にとって何が最も大切かというと、それが信用なのです。その信用の核をなすのが、価値の維持ということだと私は考えました。だから、各国の中央銀行は過度のインフレやデフレを警戒するのです。

 

【法定通貨も仮想通貨の側面を持つ】

そのように考えると、為替レートが変動する法定通貨も、信用失墜が進行中の仮想通貨の一種と言えるのかもしれません。皆で協力し、汗水垂らして一生懸命実現したコスト削減の成果が、わずかな為替変動で一瞬にして吹っ飛んでしまうというのは、誰が考えても異常なことです。

一方で、仮想通貨は値上がり期待の投機対象として、市場で売買されることで価格が変動するわけですから、需要と供給で価格=価値が変動する通貨ということになります。ビットコインは総発行枚数が決まっているということなので、まさに値上がり期待で売買される投機対象ということになります。

最近、流出問題を起こしたNEMについては、問題が異なるように思います。価格変動による信用失墜ではなく、流 出による価値蒸発ということになるからです。大昔の金貨や銀貨のように、形があり重さのある通貨では起こらない現象です。

この場合、流出先に価値が移動しただけならば、また別の問題となりますが、いずれにしても電気信号あるいは磁気信号としての情報自体に価値を担わせる形態の通貨が逃れることのできない、こちらも信用不安問題です。

どちらかと言いますと、ブロックチェーン技術を使った通貨の実体がインターネット上を流れ続けるデータセットであると考えると、その流れが止まる危険性は常にあります。なぜなら、ブロックチェーンというのは、地球上に張り巡らされたネットワークの中を、1秒間に地球を7回り半するスピードで流れ続けるデータセットたる情報パケットに、各地で発生した取引データを次々に追加書き込みしていくところから始まるという理解ができるからです。すると、ネットワーク配線の物理的な断線・分断だけでなく、電力供給が途絶えることにより、情報パケットの流れが止まることで、情報が消失してしまう危険性があるからことに気づきます。これは恐ろしいことですよね。

【フェリカを開発したソニーへの期待】

日本でも、最近は電子マネー支払いが急速に拡大していますが、SuicaやEdyなど以前からある電子マネーと、〇△Payと呼ばれるものとの最も大きな違いは何かご存知でしょうか。

それは、スマホのバッテリーが切れていても使えるかどうかの違いです。バッテリーが切れたら使えないお金じゃ不安になりますよね。また、インターネット上のデータの流れが止まったら消えてしまうようなお金も不安です。SuicaやEdyは、カードやスマホにフェリカチップが情報をローカル保存している点において、価値蒸発の不安がない点で通貨としての優位性があるのです。

流れを止めない適正在庫理論の示すところでは、適正量の在庫がないと流れが止まってしまいます。通貨も、「情報をローカル保存する」ことは在庫があることにつながりますから、この手間をかけることで、「流れを止めないこと」を可能にし、信用を担保しているわけです。

SF的発想になりますが、もし世界一斉停電が長期間続いたときに、電源バックアップがなくなると消失してしまうような通貨だけで経済が運営されている状況を想像してみてください。人間は電気がなくても生きていけるし、商取引もするでしょう。でも、電気がなくなったら使えなくなる通貨しか世界になかったとしたら、経済活動がストップしてしまうことが理解できると思います。

また、たしか、フェリカはソニーの開発した技術で、そのソニーが最近スマートウォッチに積極的であることを知り、大いに期待しています。スマートウォッチは、民主的で分散型の民間通貨システムを実現するためのキーテクノロジーになりうるからです。

なぜなら、生体センサーを活用して未来の基軸通貨たる生命通貨のマネジメント機能に発展可能なことと、日本のお家芸である小型・軽量化技術により、先月号で適正在庫コミュニティとして触れた「ハイブリッド・コミュニティ*」内で通用するローカル通貨として、民間通貨間の利便性競走を、ハイブリッド・コミュニティ間の生きやすさ競走に発展させる可能性があるからです。この点については、次号移行でまた取り上げる予定です。

*家族や地域社会などの伝統的なリアル・コミュニティと、SNSなどに代表されるバーチャル・コミュニティの中間に位置するコミュニティ

 

コメントは受け付けていません。