2018年7月24日(火)週刊 適正在庫の視点から Vol.210【暴力連鎖を絶つために必要なこと】

適正在庫の広場 TSCブログ
2018/07/24
【暴力連鎖を絶つために必要なこと】

ひとつの方策として「元から絶たなきゃダメ!」の発想があります。

パワハラにしてもセクハラにしてもDVにしても
人が最初にさらされるのは、親子関係のコンフリクションです。

親との関係がうまくいかないと、
力の弱い子供は生存の恐怖の下で成長し、
その過程で蓄積されたトラウマが一生続くことになりがちです。

特に女の子は肉体的な弱者ですから、
成長してちからをつけると、無意識のうちに男性一般への復讐をはじめるのだと思います。

直接対決は難しく自覚のないことも多いので、代理復讐となる結果、
MeToやWeTo現象の土壌が生成され、そこを利用する勢力も現れるのではないかと考えます。

私は暴力をふるえないたちで、オヤジにパンチをかましたのが生涯唯一ですので、
周囲の女性は安心して何でも言ってくれ、ときにボコボコにされたりするのですが
それをちからで押さえつけることはできないし、
逃げてもいけないことだと気づいてからは、キチンと向かい合ってとことんお話しをすると、
親子関係に根っこがあるようだという事がなんとなく感じられるので、
今週はこんな話題になりました。

で、解決策ですが
大人の持つ、生命=性的エネルギーを家庭内に過度に封じ込めないことも大事ではないかと思います。

女性は月1回洗い流され、出産によって大部分消えてなくなるようですが、
男性の肉体には、そのようなメカニズムがありませんから、
過度に家庭内に封じ込めない世の中にすることが解決策になるように思いますが、
いかがなものでしょうか?

あ、つまり過剰在庫はいかんよというオチです(笑)


【m.m】

子育てって面倒くさいことの連続よ。

子育てに限らず、生きるってことは、
面倒くさいことを次々と乗り越えてゆくことよ。

でも、それから目をそらし続けてゆけば、
親子関係も、お母さん自身も、
そしてもちろんお子さんも、
現実を直視することのできない人間になってしまうわ。
面倒くさいことを回避しては絶対に生きてゆけないの。
頑張って、面倒くさいことを。

〔マツコ・デラックス〕

コメントは受け付けていません。