2018年7月31日(火)週刊 適正在庫の視点から Vol.211【現代奴隷制とISOマネジメントシステム】

適正在庫の広場 TSCブログ
2018/07/31
【現代奴隷制とISOマネジメントシステム】

2015年に英国で「現代奴隷法」が制定されたことを、
ご存じの方は少ないのではないかと思います。

これは、

人類が卒業したはずの奴隷制度が形を変えて世界を覆っている
との認識の下、その撲滅を目指す。

という理念の法制度です。

理念は立派ですが、
私はなんとなく、昔のISOマネジメントシステム認証制度(以下、ISO)に似た
匂いを感じています。

ISOは、私も若い頃に審査員業務やシステム構築コンサルの経験があり、
お世話にはなったのですが、

サッチャー政権下の英国主導で
世界のビジネス標準になったもので、

その理念はともかく、
結果的に、過剰な文書偏重主義により、日本企業の生産性を低下させることが多かっただけでなく、
最近の神戸製鋼事件の土壌にもつながっているように思えてなりません。

ISOと現代奴隷法の共通点は、
企業の取引先選定基準への影響力を有することです。

ISOの場合は、認証を得ていることを取引相手に求める企業が増えたことで普及が進みました。
現代奴隷法は、この法律に違反している組織から労働力やサービスを受けていないことを表明することを
義務づけています。

おそらく、次に来るのは法令遵守(コンプライアンス)認証制度で、
その一環としての、英国の法輸出戦略です。

これは、最近民法大改正を行ったアジア某国の指南役に、
日本が土壇場で英連邦のオーストラリアに逆転負けを喫したことから
現実味を帯びてきました。

最近の、MeTooやWeToo現象も
そのための、地ならしではないかとさえ、疑ってしまいます。

いわば、社会正義の名の下に、
企業内の従業員を人質にとる戦略とも考えられるからです。

日本の国益をたいせつに、というと
ナショナリストのようで格好悪いのですが、

そのベクトルの行き着く先は
「私を大切に」になります。

そして、その逆ベクトルの行き着く先は
「みんなのために」です。

どちらも大事なことで、
ここでも、適正在庫の理論と技術が活きてくることになります。

その中間にある、適正値を合理的に算出する技術が
流れを止めない適正在庫理論ということになります。


【たからぶね】

いまはまたリスクが溢れている。これはとてもいいことだ。そのリスクを覗いて向こう側を見てみると、なんだか大きく化けそうだと思えてくる。
ー  
スティーブ・ジョブズ

コメントは受け付けていません。