2018年8月9日(木) 適正在庫の視点から Vol.212【暗殺のオペラと暗殺の森】

適正在庫の広場 TSCブログ
2018/08/09
【暗殺のオペラと暗殺の森】

「ラストエンペラー」や「ラストタンゴ・イン・パリ」
の映画監督ベルナルド・ベルトルッチ作品の上映特集があり、
両作品を集中的に観ております。

両映画とも、先の大戦前夜から終結までのヨーロッパ史を背景とした作品で、

イタリア地方都市で、反ファシズムの象徴であった父の暗殺が、
実は英雄になるための自作自演だったことを突き止めるという
父と息子のドラマでもある、~オペラと

イタリアのファシズム政権を嫌って仏に亡命した老教授を暗殺する
かつての教え子の秘密警察志願の動機が、
少年時代に受けた性的虐待に起因する社会への憎悪であったという、~森です。

森のほうはまだ現在研究中ですが、オペラは解明が進展しました。

反ファシズムの精神を永遠のものとしようという父の作戦は、
最初は独裁者ムッソリーニの暗殺でしたが、
仲間を裏切って警察に密告電話をします。

そして、仲間に自分を暗殺させるという作戦に転じて、
反ファシズムの英雄として死にました。

その時に母の胎内にいた主人公が、30年後に真相を突き止めるという映画です。

なぜ、仲間を裏切ったか?

それは、ムッソリーニを劇場で爆殺する提案に対して、
仲間達がはしゃぐ姿をみてしまったことがきっかけでした。

爆殺は周囲の罪なき人々を巻き込む、テロ行為であるからです。

つまり、いかなる正義であろうと、罪なき人々を犠牲にしてはならないという
行動原理からの判断であったのです。

これは、先月配信の【テロはなぜいけないか】と同じ主張であります。
この映画を初めて見たのがちょうど30年前の学生時代のことでしたので
私はこの映画の主人公と同じく、30年後にベルトルッチの考えにやっと辿り着いたことになり、
プチ感動を覚えました。

この行動原理は、「流れを止めてはならない」という、流れを止めない適正在庫理論から
演繹的に導かれる可能性があると、直感的に認識しており、その証明方法を模索している
途中ではありますが、ひっかかりのある話題でありましたので、今回の記事となりました。

PS.来週はお盆休みで休刊と致しますので、火曜配信を本日のナガサキ記念日に合わせての配信となりました。


【紫の花に詩を織る】

「だからさ、芸術でも戦争でも何でもおなじなんだよ。あれがおいしいとかどれが美しいとか、これこそが真理だとかこれは偽物だとか、どこを見たってそんなことばっかり言い合っているだろ。(中略)
腹を立てたり喜んだりしながらもけっきょく、そういうのを楽しんでいるんだ。(中略)
僕がときどきだけどおそろしいと思うのはね、そこにある欲求だよ。つまり、生きてることさ。生きてる自分からは誰も自分を守ってくれないからね」

コメントは受け付けていません。