第24回(通算82回)バランスとアンバランスの構造

 

【バランスとアンバランスの構造】

 

私は大学の専攻が経営工学でしたので、理工学部なのに会計学や経済学が必修単位で、試験前の一夜漬け勉強で苦労した覚えがあります。特に支払や受取を勘定科目に振り分ける仕分けのルールを暗記するのに必死で、訳も分からずにひたすら覚える作業が苦痛でした。当時は、この学問の必要性・重要性を正しく理解していなかったのだなぁと、今になって反省ひとしきりです。というのは、人生60年を経て、この「貸方と借方」という考え方の素晴らしさに気づいてしまったのです。

老若を問わず、理知的な人ほど相手との貸し借り勘定に敏感であることに気づかされます。この場合の貸し借りは、会計計算上の金銭の貸借だけに収まることはむしろまれで、困ったときに助けられたご恩を大きな借りと自覚してきっちり恩返しをする行動や、その反対に仕返しをするような行動を含みます。待たせたり待たされたりの時間の貸し借りも日常的に自覚されることです。そして、お金とお金、行為と行為、時間と時間・・・というように、同じ単位同士での貸し借りになる単純なケースは多くありません。

このように、複雑な計算となる場合が多い「貸し借りというコミュニケーション」を、人間というのは大した能力をもっているもので、日々無意識のうちに行っています。これができない方、あるいはその量的尺度が他者と大きく隔たる方が、いろいろコンフリクションを起こしている様子も観測されます。

大切なのは、貸しと借りのバランスを保つことです。一時的、あるいは部分的にバランスが崩れることがあっても、長期的大域的に帳尻を合わせる努力を怠らないことは、世の中を渡っていくための重要事項です。そして、このバランスを常に保つための計算技術のエッセンスが、会計学にあったのでした。

こんなことにふと気づいた頃、先日招かれた結婚披露宴で同じテーブルについて歓談した方が、高校卒業後半世紀以上経理のお仕事をされてきたことがわかり、以上のお話しをしたところ、「会計・経理をやってきて、一番大事な事として言えるのは、まさにそのことなのです」とおっしゃられるのです。経理計算なんてものは、今はパソコンがやってくれるから楽な作業になったけど、貸方と借方に分けてものごとを見て、かつそのバランスを考えるということに気づくことが大切なのだということでした。

 

 

【バランスの測定単位は時間】

 

金銭の貸し借りという視点の技術はすでに確立されているようですが、時間視点についてはどうでしょうか。貸し借りというより、取引、あるいはもっと広くお付き合いやコミュニケーションという視点で見てみましょう。

今、私はこの原稿を書いていますが、そのために費やした何時間かの時間を皆様にご提供していると言えます。一方、読者の皆様は原稿を読むために一定のお時間を割いていただいています。双方が互いに相手に提供する時間には、それぞれが書いたり読んだりできるようになるために、受けた教育訓練や経験なども、実際の投入時間の積分値に係数を掛けるような計算を経て含まれるべきでしょう。さらに、この原稿を編集し印刷・製本しお届けする方々の費やした時間も同様に投入されています。そして、原稿を書く人は1人ですが、読む人は複数であるという点も重要なファクターとなります。

宅配便を送るときは、お届け日時を指定することが多いと思いますが、事前連絡をした場合でも再配達となった場合でも、配達業者の方と何時から何時までの間は待っている、というようなお約束をして自宅で待機します。これも、ものを送るというアクションと、受け取るために待機するという行為同士の取引ないしは貸し借りということになります。一方で、マッサージやコンサルティングといった人的サービスも、施術や指導を受ける側もサービス提供者と同じ長さの時間を相手方に提供していることになります。

営業電話がくると不快になるのは、相手の目的が売り込みであることが判明するまでの会話時間を奪われているという感覚があるからです。「時間どろぼう」という言い方のできる行為も多く経験するところです。以上のように、時間のやりとりという視点で振り返ると、金銭のやりとりという視点だけでは把握できない貸し借り関係が世の中にはたくさんあることが分かります。

やりとりや取引には、モノのやりとりや気持ちのやりとりなど、様々な形態がありますが、その貸し借りのバランスを保つための測定単位をそろえるとしたら、時間ではないかと思います。時間というのは、万人にほぼ平等に与えられており、生涯時間すなわち寿命という見方をすると、時間は生命量そのものであると考えられるからです。以前述べた生命通貨という発想もこのあたりから来ております。

 

【局所的なアンバランス】

 

貸し借りにおいてはバランスを保つことが大切なわけですが、動的なとらえ方をしないと、世界には活力が失われ生命が終息するように思えます。流れを止めない適正在庫理論の数理的な考察によれば、完全なバランス状態というのは流れの無い状態、すなわち死を意味しています。時空間内の局所的偏在、すなわちアンバランスが必要になるからです。そして、その局所的アンバランスの適正量を計算する技術が、流れを止めない適正在庫算出技術から続々と派生して、誕生しつつあります。

このあたりのお話も、次回以降の本連載でご紹介しながら、みなさんにもこの研究にご参加いただけないかと思っています。

コメントは受け付けていません。