第28回(通算86回)「流れ」のジェネレイト

【恵比寿スカイウォークでの出来事】

最近、恵比寿ガーデンプレイスを中心とする半径1Km以内の各所に、機能分散を測りながら事業所移転を行いました。上下方向も含む3次元の空間移動を、数ヶ月かけて(時間軸も含む4次元?)完了させました。

そして、JR恵比寿駅からガーデンプレイスに向かうスカイウォーク(動く歩道)で、面白い体験をしました。スカイウォークは総延長400mが5分割されているのですが、第3歩道への入り口でのハプニングです。私の後方から駆け込み走り去って行った紳士が、何か光るものを落としたのです。光る物体は上がり下り2本の歩道の中間エリアを、「おむすびころりん」よろしく周囲の注目を浴びながら転がり、私の左足元あたりについたタイミングで、中間エリアを歩いていたご婦人が拾い上げ、私に手渡してそのままどこかに行ってしまいました。

「あ、いえ、僕のじゃないんですよ」と断った私の手のひらに無理矢理乗せられたそれは、百円玉でした。前方にいた男女3人連れの若い女性の方に、「はいこれ、レディーファーストです」とお渡ししようとしたら、お連れの金髪紳士たちも一緒になってニコニコしながら押し戻されてしまいました。

困ったなと思いながら、ひとことふたこと言葉を交わして、私が交番に届けることにしました。ところが、ちょうど4本目の歩道への乗り換え地点に居合わせたお掃除レディに、「これ、床に落ちていましたよ」と説明したところ、快く受け取っていただけたのです。「あぁ、これで僕の役割が終わったな〜」とプチ感慨にふけっていたら、ある気づきがありました。

「世の中というのは、こうやって回っていくのだ」と。つまり、モノもお金も知識も、そして愛も前工程から引き継いだものをご後工程にお渡しすることで、世界が動くということです。

私の適正在庫理論も、半世紀以上前に英米軍によって開発された技術を、マギー博士と水野博士を経由して、さらに大学の先輩かつ会社上司であった高城博美氏の直接指導により受け継いだものを深耕・発展させて、今日の「流れを止めない適正在庫」に行き着いたのです。

企業経営者としては、技術だけにとどまらず、もっと総合的に経済社会をまわしていくわけですから、責任重大ですね。

 

【「流れを止めない」適正在庫】

先の百円玉ですが、もし私がスカイウォークの終点にある自動販売機で飲み物を買うのに百円玉がちょうど1個足りないなと思ったら、ラッキーとばかりにポケットに入れていたかもしれません。また、荷物が多すぎて両手がふさがっていたら、受け取ることができなかったでしょう。

つまり、その瞬間に自分が保有しているもの(在庫)が多すぎても少なすぎても、「流れ」が止まってしまうことを意味しています。これが適正在庫というわけです。

流れを止めないために必要なのは、在庫だけではありません。技術もその1つとなります。芸術家(アーティスト)、技術者(エンジニア)、施術者(セラピスト)はその担い手です。ちなみに、「術」に相当する英語は「art」ですから、語源的には同じなのでしょう。そして、流れを止めないこと、すなわち流れを維持することを標題の「流れのジェネレイト」と呼ぶことにします。

 

【幸福の意味】

著名な作家で釣り師の開高健氏は、酒の一生を描写して、すべては流転すること。それはかたちが変わるだけであってエネルギーは不滅であり、増えたり減ったりはしない。そのことは前でもなければ悪でもないということを書いています。これを私は、経済社会のみならず、物質レベル、生命レベル、エネルギーレベルで、宇宙は循環し流れているという意味に理解しました。そして、開高氏によれば、「流れ」とは、物質連鎖であり、生命連鎖ということになります。

ハーバード大学のハピネス研究において、幸福度の評価は、幸福感と健康度の2指標とされていますが、これはダブルバインドを引き起こす可能性があります。たとえば、お酒を飲むことで幸福感を感じる人は多いと思いますが、飲みすぎると二日酔いになって翌朝は不幸のどん底に突き落とされます。

ダブルバインドといえば、在庫問題も同じでした。生産管理者は、在庫が多すぎても少なすぎても必ず何処かからお叱りを受けるというダブルバインド状態におかれていました。だから、若くて経験が浅くメンタル面でも強くない新入社員が生産管理部門に配属されることは少なかったのです。

流れを止めない適正在庫理論では、「多すぎず、少なすぎない」という2軸指標を「流れを止めない」という1軸指標に統合することで、より上位レイヤーの問題定義にアウフヘーベン(止揚)したと考えます。数学的には、2目標最適地探索問題から、単一目標の適正在庫算出問題に置き換えたわけですから。

このアイディアを先の幸福度問題に適用すると、「流れを止めない」ことが「幸福」の意味になるのでは、と考えました。ここで流れを止めないことは、”はっぴぃ“は周囲におすそわけすることで増幅させる。ストレスは身近な人々に八つ当たりせずに、大地に流し去ることで減衰させるということになりそうです。これに職業人として貢献しているのが、作品を通じてはっぴぃを広めるアーティストであり、施術によってストレスを大地に消し去るセラピストなどです。

そして、「流れを止めないこと」に貢献している私たち工場管理技術者も、広い意味でアーティストであるのかもしれません。

コメントは受け付けていません。