2019年1月25日(金)ほぼ週 適正在庫の視点から Vol.222 【完全オープンと機密情報厳守の間の適正値】

【完全オープンと機密情報厳守の間の適正値】

 

Tポイントカードの問題、Iosのwifiクライシス、そしてダボス会議での情報流通自由化提案、などなど。

 

最近、個人情報だけに限らず、情報セキュリティに関連する話題がさかんですので

流れを止めない適正在庫理論の立場から考察してみます。

 

結論からいうと、100%でも0%でもNGで、その中間に適正値がある。

そして、空間軸方向だけでなく時間軸方向での中間適正値(位置)が必要になる。ということです。

 

秘密って絶対守れないですよね(^.^)

だったら公開しちゃった方がかえって安全じゃないですか?

 

と言う立場で、Apple社はWifiマネジメントモジュールにセキュリティホールが見つかってしまった際に、オープン化を進めたわけですが、

一気に、しかも秘密裏にすすめたことで問題が生じました。

最近は徐徐にiosを改善しているようですが、一度失われた信用は簡単には戻りません。

 

Tポイントカードの場合も、

特定の方々(治安維持関係?)だけに権限を与えても

もしそれがパスワードのような秘密情報によるものだとしたら

いずれは漏洩してしまい、黒ハッカーのような悪意の特殊技能者の手に渡ってしまうと危険な事になるのです。

で、あるならばカード保有者自身も含めて、選択的な公開情報にすることで、この問題は解決に向かうと考えます。

SNSは自分自身で自分の個人情報のどこまでを公開するかが決められる点で優れているように思います。

ただ、悪意あるアプリによって情報漏洩が止まらないようですがw

 

時間軸方向で考えると、機密保持期間となります。

これも、ある期限が来たら一気に公開するのではなく、

徐徐にぽろぽろと漏らしていくのがよかろうというのが適正値の考え方です。

 

数年前に公開された「実写版・宇宙戦艦ヤマト」(キムタク主演、マイコさんご出演)では、

橋爪功演ずる地球防衛軍総司令がヤマトがイスカンダルから帰還するまでの1年間、

ある秘密を守り通しました。

イスカンダルからたどり着いた宇宙船の使者、スターシャは、

コスモクリーナー(放射能除去装置)の設計図を授けるとは明言していなかったのですが、

宇宙船不時着地点近傍の放射能が消えていたことから、

「きっと、あるだろう」と見当をつけて人類全体にウソをつき通したのです。

放射能汚染で滅びようとしている全人類が、絶望したまま絶滅するよりは

もしかしたら助かるかもしれないという希望のもとに滅びる方が幸せだろうという判断だったわけです。

結果的に人類は救われたのですが、キムタクは死んじゃいました(涙)

社会のリーダーは大変ですね(^.^)

 

私も40年間、守り通した秘密がありました。真面目な性格なので約束は守るのです(笑)

学生時代の釣りサークルのリーダー・片山先輩との約束で守り通した秘密ですが、

数年前に母校で講義をした際に、その釣りサークル所属の後輩に会って確認したら

確かに秘密が守られていたようです。

 

しかし、家族にも誰にも言えない秘密を守り通すことは大変な苦労でありました。

LGBTや出生地の秘密ならば、パートナーができれば共有できますし、身近にいる同郷の方々と慰めあうことができますが、

大学卒業後はたった一人になるので、全くの孤独な状況となるわけです。

誰とも共有できない秘密、、、これは辛かったです。

 

で、最近になってぽろぽろとうちわけ話をし始めたのですが、

徐徐に徐徐にの方針なので、いずれみなさまにも公開する日がくると思って下さいませ(笑)

 

 

【紫の花に詩を織る】

 

僕は贅沢です だからさ 少しでも余裕のある時には 笑ってさ 笑ってさ

たまに正直な君のことを想ってさ 話すようにするよ 直喩のまま 直喩のまま

 

何度でも何度でも 話すんだ 僕らしく

嘘でもいい 嘘でもいい話を

 

サカナクション「enough 」より

コメントは受け付けていません。