2018年3月6日(火)Vol.191【空き地がなくなった時代のフロンティア】

適正在庫の広場 TSCブログ
2018/03/20

 

【空き地がなくなった時代のフロンティア】

むかしむかし、地球がまだそれほどせまくはなくて、 あちこちに空き地がたくさんあった時代。
仲間はずれにされた、異教徒もLGBTも異形の者も しずかにその地を去って、
荒れ地の開拓民となって生き延びることができました。

いま、世界がとてもせまくなって どこへ行っても、個人識別される時代になってしまいました。
難民問題・移民問題の背景には、こんな時代状況もあるのだと思います。
これまでに述べてきた「ハイブリッド・コミュニティ構想」は この問題解決にいちばん効きそうです。
いまの社会が息苦しくて SNSやバーチャルゲームの世界に逃避しても 結局、
課金があったり広告に洗脳されたりと 現状のレガシー通貨圏の中での生活から逃れられないことには
変わりありません。 そこで、出入り自由なコミュニティに民間通貨を紐づけることで
ハイブリッド・コミュニティとして、沢山生み出そうという発想です。

自分で自由に選択して入ったコミュニティの中で通用する民間通貨を
流通させればいいんじゃないかなというアイデアです。 独自の民間通貨とセットで、
様々なハイブリッド・コミュニティ同士の切磋琢磨が起こり すみごごちの良いコミュニティに成長する、、、
現代テクノロジーはすでに、このアイデアを実現可能な段階に来ているんだと思います。

【やさしくあるこうよ】

けれど今、家族を作るものは根っこではないのではないかと良嗣は眠りに沈みゆく頭で考え、
その考えに自分でもはっとする。 根っこではなかったらなんだ? 希望だ。
答えはすぐに出る。そうだ希望だ。いっせいに花の咲く異国の春、祖母はたぶん希望を見たんだ、
ぼくらの最初はそこにあるんだ。

ー角田光代『ツリーハウス』より

 

2018年2月27日(火) 週刊 適正在庫の視点から Vol.190【ハイブリッド・コミュニティのデジタル通貨momo・mo】

適正在庫の広場 TSCブログ
2018/03/05

【ハイブリッド・コミュニティのデジタル通貨momo・mo】

3年前【momo・mo構想とは?】(2015/6/30発行のVol62)に発表した内容が、
不思議なことに現実化しつつあるようです。 数ヶ月後に日銀がマイナス金利を発表し、
その後も仮想通貨の普及が進展しています。 この構想は、どんどん進化しつつあるので、
ここらで整理して 次の展開を示しておこうと思います。

キーとなる概念は 【community4.0】2017/12/25発行 【コミュニティの創造】2018/2/6発行 の延長に来る
【ハイブリッド・コミュニティ概念】です。 家族や地域社会など伝統的なコミュニティは、
リアル・コミュニティ。 近年増殖しつつあるのがSNSなどの、ヴァーチャル・コミュニティ。
その中間に存するのが、ハイブリッド・コミュニティというわけです。
どこが、ハイブリッドかというと、 電子マネーによる民主的なデジタルコミュニティ通貨が流通することです。

これにより、空間の制約にとらわれないが、 独自通貨により、現実生活と紐づけられており、
更に、出入りの自由のあるコミュニティを実現できるのではないかと考えています。
そして、コミュニティ間での競争を促進することで より民主的で利便性が高く住み心地のよい
コミュニティが生き残ることに なるのではと期待しています。

【紫の花に詩を織る】
いずれにしても、非常識と常識の間のような、そんな何処か矛盾した場所に、
私は「普通」を感じるみたいです。本当に不思議な人生を、私は今、歩んでいます。

松たか子/「父と娘の往復書簡」より

2018年2月27日(火) 週刊 適正在庫の視点から Vol.189【ハイブリッド・コミュニティのデジタル通貨momo・mo】

適正在庫の広場 TSCブログ
2018/02/27

【ソフトウェアコミュニティの会費は1円まで下げられる】

ものづくりの時代から、ソフトウェア・サービスの時代を経て、
これからは「コミュニティ創造」の時代になるだろうという予感の下でビジネスを進めています。

目下のところ、適正在庫コミュニティをつくっていこうと、 「在庫三兄弟作戦」の展開を計画中です。
自社の在庫適正化だけでなく、上流と下流、つまり協力会社と顧客企業にも、
適正在庫の技術を普及させようという構想です。 在庫問題は、組織と組織の間で発生します。
つまり、在庫負担の押し付け合いや、過剰サービス要求などのことですが、
共通基準での適正在庫を定めることで、 ちからづくでなく、
合理的な問題解決への途が拓けるだろうというわけです。

適正在庫コミュニティの仲間が増えれば増えるほど、 世界のはっぴぃが増えるという、
とても楽観的な考え方ですが、 さらにもう一歩を思いついてしまいました。
ソフトウェアビジネスそのものを、 会員制スポーツクラブのようなものにして、 そして、
会員が増えれば増えるほど会費が安くなるという仕組みです。 現段階は、
このようなビジネスモデルの実現可能性を探っているところですが、
適正在庫APIMのこれからにご期待くださいませ。

【やさしくあるこうよ】
輝き始めた東京タワーと、大きなくじらのような飛行船が一緒に視界に入っているのだ。
誰か、見ている人はいないだろうか。 そうして、「今日は面白いものを見たよ」と、
家族や友人に話してくれたりはしないだろうか。 それだけでほんの少し、
いい一日になったような気分になってはもらえないものだろうか。

ー乃南アサ「東京空中さんぽ」より

 

 

2018/2/22木曜日 日刊工業新聞にて掲載されました

適正在庫の広場 TSCブログ
2018/02/22

【発注点容易に割り出し】【日刊工業新聞 2018/2/22木曜日 掲載されました】

本日の日刊工業新聞にて、中小企業向け在庫管理システム「APIM de 発注点」が掲載されました。

テクニカルソリューションズ(東京都品川区、勝呂隆男社長、03-6420-3952)は、中小企業向けの在庫管理システム「APIM (エイピム) de 発注点」を市場投入した。
適正在庫になる量を算出し、発注が必要になる量である「発注点」を簡単に割り出す。低価格に抑えながら、エクセルを使った簡単な操作で使えるようアレンジした。
価格は月額4万8000円(消費税抜き)。初年度50本の販売を目指す。

ソフトを起動し、日ごとの出荷数や販売数、注文から仕入れまでにかかる日数など必要な数字を入力すると、すぐに発注点が割り出される。この発注点で発注する体制にすれば、無駄がなく欠品も起こさない在庫を維持出来る。在庫管理者の負担を大幅に減らせるという。テクニカルソリューションズは従来、大企業向けに多機能の在庫管理システムを販売してきた。

発注点管理に特化した簡易モデルに刷新することで操作性を上げ、コストを抑えた。そのため、中小企業でも手軽に導入できる。

勝呂社長は「適正な在庫を持つ体制が整えば交渉やかけひきの時間を減らせる。素材メーカーから組み立て現場まで、サプライチェーン全体に広めたい」と話している。

♢APIM de 発注点の詳細はこちらから♢
http://www.tscinc.co.jp/apim%20de%20hatyu.html

 

2018年2月13日(火) 週刊 適正在庫の視点から Vol.188【歴史に学ぶということ】

適正在庫の広場 TSCブログ
2018/02/13

 

 

【歴史に学ぶということ】

 

あたらしいビジネスモデルとして 「コミュニティ創造」 が浮上してきたので、
歴史から学ぼうと思っています。 ロジカルなシステム設計はお手の物ですが、
現状のレガシーシステムから、理想とするシステムまでどう移行させればよいか
についての知見は歴史から学ぶことが多いだろうと思ったからです。

 

まずは安直にビデオ「そのとき歴史が動いた」全10巻を
通勤時間を利用して観てみました。 学ぶべきこと沢山でしたが、
一番感銘したのは、伊達政宗の生き方でした。 遅れてきた戦国武将として、
これからは軍事力ではなく経済力の時代であると考え方を改め

戦争によらずして開墾によって百万石を達成したのです。

 

最近の世界経済の動向を見ていると 経済力の時代もそろそろ終わりを
告げようとしているのが分かります。 軍事力、経済力、、
と来たら、次は魂力ですかね(^.^) 未来に向けてどう一手を打つか?

歴史から学ぶべきこと、まだまだ沢山ありそうです。

 

【紫の花に詩を折る】

「世の中に片付くなんてものは殆どありゃしない。
一遍起こったことは何時までも続くのさ。ただ色々な形に変るから、
他にも自分にも解らなくなるだけの事さ」

夏目漱石「道草」より