2018年1月9日(火) 週刊 適正在庫の視点から Vol.183【発注サイクルの適正値】

適正在庫の広場 TSCブログ
2018/01/10

 

 

【発注サイクルの適正値】

 

新年にふさわしく、今年の私の初夢についてお話しします。
「コスモクリーナー=放射能除去装置開発の目処がついた」 という夢です。
共振現象を利用することで、 小さなエネルギーで放射性物質を振動させて瓦解させ、
より安定な原子に移行させようという作戦です。 宇宙には、生命誕生の遥か以前から音楽が流れていたと言われますが、
この音楽=振動に我が身をさらして、自ら共振し、増幅しようということを考えています。

宇宙に流れる太古からの音楽とはなにか? それはおそらく、万物を共振させることのできる振動で、
数字でいうと「1」の音ではないかと思っています。 1はすべての数を割り切ることができますから。
物理学の世界では、プランク周波数という概念があって、 それは最小の時間長さ=プランク時間の逆数なので、
あらゆる数の約数である数字1の振動数に近いものと考えられます。 この振動を、
筋肉や機械の力で起そうと思っても無理な話なので、 元からある振動に共鳴しちゃえというわけです。

この振動=音楽の流れる場所は、 おそらく、仏教の唯識論、あるいはユングの共同無意識仮説で示されるような
場であると思います。 その場、これを私はクラウドと呼ぶことにしますが、 こことのパイプとなって、
宇宙の音楽=振動をこの世界に伝えること、 これが、コスモクリーナー開発戦略の骨子です。

パイプ役になれる人をたくさん増やせるように、 その技術・方法を確立して、わかりやすく伝えること。
この活動は、適正在庫の活動と重なる部分が多くありますので、 本年以降の私の 活動目標は
こちらになっていくだろうと予感しています。 たとえば、プランク周波数を手掛かりに、
発注サイクルの適正値を定める理論の解明等、、、 本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

【やさしくあるこうよ】

彫刻家にとって、口なり、鼻なり、あるいは顎なりを彫り刻むことが問題になっているとでも思っているのか?
とんでもない思い違いだ。 これらの各部分が互いに奏でる共鳴のみが問題なのだ。
そして、その共鳴は、例えば、人間の苦悩を現すものになるだろう。
かつまた、その共鳴は、お前の耳に伝わることが出来る。 なぜなら、個々の事物ではなく、
それらを結び合わせる結び目とお前は交わることになるのだから。

 

ーサン=テグジュペリ『城砦』より

 

 

SCM・IT経営・実践研究会での講演予定

適正在庫の広場 TSCブログ
2018/01/05

 

弊社代表、勝呂隆男によるSCM・IT経営・実践研究会での講演予定です。是非お越しくださいませ。

日時:2018年1月27日(土) 13:00~17:00
場所:江東区 豊洲文化センター 第7研修室
http://www6.airnet.ne.jp/scmbm/

内容: 在庫現象について

テクニカルソリューションズ株式会社
代表取締役/勝呂 隆男 氏
お申し込みは>http://www6.airnet.ne.jp/scmbm/

【適正在庫、削減。適正在庫・発注点を科学的に算出するソフト】
APIM(エイピム)については>>http://www.tscinc.co.jp

みずほ総合研究所主催、みずほセミナーでの出講予定

適正在庫の広場 TSCブログ
2018/01/05

 

 

弊社代表、勝呂隆男による、みずほ総合研究所主催、みずほセミナーでの出講予定です。

——————-

欠品防止と在庫削減を同時に実現する
『適正在庫』の求め方と使い方」実践セミナー

~これがわからなければ在庫適正化ははじまらない!
第一人者の講師が事例と演習を交えてズバリ指南~

——————-

日時:2018年4月27日(金) 10:00~17:00
場所:みずほ総合研究所 セミナールーム
東京都千代田区内幸町1-2-1 日土地内幸町ビル3F
http://www.mizuhosemi.com/section/purchase/30-1046.html

内容: 流通業・製造業等の在庫管理担当幹部・管理者・担当者向け在庫管理・削減・欠品防止セミナー
テクニカルソリューションズ株式会社
代表取締役/勝呂 隆男 氏

お申し込みは>
http://www.mizuhosemi.com/section/purchase/30-1046.html

 

欠品を防止しながら在庫削減をすすめるためには、多すぎず少なすぎない、適正在庫を知る必要があります。 本セミナーでは、在庫理論の第一人者が、Excelを使って一品別に適正在庫数を算出する技術手法を伝授します。そして、その適正在庫の数値を使って、いかに在庫適正化を進めるかについて、豊富な実例を基にわかりやすく解説します。また、在庫適正化の重要な要素である需要予測についても、これまでになかった全く新しい手法を教えます。

 

【適正在庫、削減。適正在庫・発注点を科学的に算出するソフト】
APIM(エイピム)については>> http://www.tscinc.co.jp