2017年12月5日(火) 週刊 適正在庫の視点から Vol.179【community 4.0】

適正在庫の広場 TSCブログ
2017/12/07

 

 

【community 4.0】

society 5.0 という国家戦略があることを知りました。 なんだか、独のIndustry4.0のパロディのようなネーミングですが AIやIoTなどの先端テクノロジーの組みあわせ活用を構想しているようです。 安保法、共謀法、さらに今年5月に改訂された個人情報保護法という 法制化の流れが背景にあることを考えると、 戦争のための監視社会、ではなくて、マーケティングのための監視社会 という側面が見えてきますので、 おそらく、このsociety5.0はリベラルの方々の反対を招き、 政治的対立を引き起こす可能性があります。 対立は力で決着をつけるのではなく、より上位概念で解決策を探る、 つまり、アウフヘーベン(笑)することが大事です。 そこで、私が密かに構想を練っているのが community 4.0 です。 なぜ4.0かというと、 1.農耕生活の始まり・暦(時間)の発見 2.文字社会・貨幣経済の始まり 3.近代科学の成立・産業革命 4.コンピュータとインターネットによる情報通信革命 という、コミュニティの変遷を振り返ると 現代が第4の大きな変革期にあるからです。 各方面にいろいろご相談してご協力をお願いしている段階ですが、 その基本にある考えのひとつにあるのが 生まれてしまったテクノロジーを封印するのではなく、 その存在を前提に未来に向けて社会を考える という姿勢で、その際の新たな規範づくりに、われわれも参画しようと考えているわけです。 例えば、 ・ロボット兵士の登場で、戦争に正義はいらなくなる ・DNA鑑定による父子確認により、婚姻制度の意義が薄れる ・AIの登場で働く必要がなくなる ・空調技術の発達により、裸族生活に戻れるかも ・電子マネー民間通貨の普及で経済運営が民主化される etc… といろいろアイデアが生まれているのですが 最後の経済運営の民主化に欠かせないのが 富の適正配置を目指す、common stock の実現で そのシステム設計に、APIM7が活かせるのではないかと考えています。

【やさしくあるこうよ】

人は大なり小なり荷物を背負っている。 ただ、その荷物は傍から見れば降ろしてしまえばいいのにと思うものでも、その人にとっては大切なものだったりする。 むしろ、かけがえのないものだから降ろすことができない。 だから、模索する。 それを背負ったまま生きていく方法を。 ー湊かなえ『山女日記』より

【ご感想は本メールへの返信でどうぞ】

ときどき、本メールへの返信でご感想をお送りいただくことがあったのですが、 とってもうれしいことなので、正式に受け付けることにいたします。 いただいたご感想にはできるだけお返事を差し上げるように致します。 本文の感想だけでなく、コラムの感想も大歓迎です。 そのままメール返信していただけるだけで届きますので、お気軽にご意見・ご感想お寄せ下さいませ。

 

 

_______________________ 適正在庫算出ソフトAPIM http://command-ex.com/L4283/b4590/12961 適正在庫算出サービス http://command-ex.com/L4283/b4590/22961 ____________________________________ 勝呂隆男講師セミナーのご案内 TSC主催 新・適正在庫の考え方・求め方セミナー(2017/12/6 東京) http://command-ex.com/L4283/b4590/32961 TSC主催 適正在庫APIM7無料紹介セミナー(2017/12/20 東京) http://command-ex.com/L4283/b4590/42961 ____________________________________ 勝呂隆男の適正在庫四部作(日刊工業新聞社発行) 「適正在庫の定め方・活かし方」http://command-ex.com/L4283/b4590/52961 「適正在庫の考え方・求め方」http://command-ex.com/L4283/b4590/62961 「適正在庫のマネジメント」http://command-ex.com/L4283/b4590/72961 「適正在庫のテクニック」http://command-ex.com/L4283/b4590/82961 ____________________________________ 勝呂隆男のブログ「タイムエンジニア日記」 http://command-ex.com/L4283/b4590/92961         「適正在庫の広場」  http://command-ex.com/L4283/b4590/102962 ____________________________________ 【発行責任者】 テクニカルソリューションズ株式会社 代表取締役社長 勝呂 隆男 技術士(経営工学) 中小企業診断士 【テクニカルソリューションズ】http://command-ex.com/L4283/b4590/112962 【Facebook】http://command-ex.com/L4283/b4590/122962 【twitter】http://command-ex.com/L4283/b4590/132962 【登録解除】http://command-ex.com/rm4283/1/4590/296/a.iida%40tscinc.co.jp/ 【登録】http://command-ex.com/L4283/b4590/142962 【バックナンバー】 http://command-ex.com/L4283/b4590/152962 【季刊誌『波』購読申込】http://command-ex.com/L4283/b4590/162962 【ご意見・ご感想】本メールへのご返信でお気軽にどうぞ! セミナー・講演受講申込者やTSCスタッフと名刺交換させていただいた方々と、 FBページ 適正在庫の広場、弊社HPから読者登録いただいた方々に 配信しています。 ____________________________________

品川区産業活性化支援事業

適正在庫の広場 TSCブログ
2017/11/06

 

2017年度『品川区産業活性化支援事業』の新製品・新技術開発
(ソフトウェア開発費)の助成対象にAPIM7が選出されました。

 

 

2017年10月31日(火)週刊 適正在庫の視点から Vol.174【時々刻々変わる適正在庫】

適正在庫の広場 TSCブログ
2017/11/01

【時々刻々変わる適正在庫】

 

品目ごとに、在庫が多すぎたり少なすぎたりするでしょ。

と、いつも言っているのですが、

 

最近、ある方からこう言われました。

 

それだけじゃなくて、

同じ品目でも、多すぎたり少なすぎたりと変化するんです。

 

APIM7では、まさにこの時々刻々変動する適正在庫を算出します。

 

つまり、次のような状態を理想としているのです。

 

明日の午前10時に100個売れるのだったら、

明日午前9時59分59秒に、ちょうど100個入庫して

1秒後に100個出庫するのが理想である。

 

しかし、現実には100個じゃなくて、120個だったり80個だったりします。

10時の予定が8時に前倒しされることもあります。

 

そして、このような変動や誤差を吸収するために保有すべき在庫量が、

適正在庫なのです。

 

したがって、適正在庫は時々刻々変動することになります。

 

 

【紫の花に詩を織る】

 

新しく咲く花はどれも、それまでのどれともちがった花でしたし、ひとつ咲くごとに、これこそいちばんうつくしいと思えるような花でした。

池のまわりをなんども行きつもどりつしながら、モモは花がつぎからつぎへと咲いては散ってゆくのをながめました。いつまで見ていても見あきないながめです。

 

ミヒャエル・エンデ「モモ」より

 

 

【ご感想は本メールへの返信でどうぞ】

ときどき、本メールへの返信でご感想をお送りいただくことがあったのですが、

とってもうれしいことなので、正式に受け付けることにいたします。

いただいたご感想にはできるだけお返事を差し上げるように致します。

本文の感想だけでなく、コラムの感想も大歓迎です。

そのままメール返信していただけるだけで届きますので、お気軽にご意見・ご感想お寄せ下さいませ。

 

____________________________________

 

適正在庫算出ソフトAPIM http://command-ex.com/L4283/b4590/12911

 

適正在庫算出サービス http://command-ex.com/L4283/b4590/22911

____________________________________

 

勝呂隆男講師セミナーのご案内

 

TSC主催 新・適正在庫の考え方・求め方セミナー(2017/11/10 東京)

http://command-ex.com/L4283/b4590/32911

 

TSC主催 適正在庫APIM7無料紹介セミナー(2017/11/22 東京)

http://command-ex.com/L4283/b4590/42911

____________________________________

 

勝呂隆男の適正在庫四部作(日刊工業新聞社発行)

 

「適正在庫の定め方・活かし方」http://command-ex.com/L4283/b4590/52911

「適正在庫の考え方・求め方」http://command-ex.com/L4283/b4590/62911

「適正在庫のマネジメント」http://command-ex.com/L4283/b4590/72911

「適正在庫のテクニック」http://command-ex.com/L4283/b4590/82911

____________________________________

 

勝呂隆男のブログ「タイムエンジニア日記」 http://command-ex.com/L4283/b4590/92911

「適正在庫の広場」  http://command-ex.com/L4283/b4590/102912

____________________________________

 

【発行責任者】

テクニカルソリューションズ株式会社

代表取締役社長 勝呂 隆男

技術士(経営工学) 中小企業診断士

【テクニカルソリューションズ】http://command-ex.com/L4283/b4590/112912

【Facebook】http://command-ex.com/L4283/b4590/122912

【twitter】http://command-ex.com/L4283/b4590/132912

【登録解除】http://command-ex.com/rm4283/1/4590/291/a.iida%40tscinc.co.jp/

【登録】http://command-ex.com/L4283/b4590/142912

【バックナンバー】 http://command-ex.com/L4283/b4590/152912

【季刊誌『波』購読申込】http://command-ex.com/L4283/b4590/162912

【ご意見・ご感想】本メールへのご返信でお気軽にどうぞ!

セミナー・講演受講申込者や名刺交換させていただいた方々と、

FBページ 適正在庫の広場、弊社HPから読者登録いただいた方々に

配信しています。

____________________________________

2017年10月のセミナーご案内

適正在庫の広場 TSCブログ
2017/09/28

 

当社のセミナーのご案内です!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【東京】第19回 新!適正在庫の考え方・求め方セミナー

 

APIM7の導入をご検討される方向けに、適正在庫を3品目【無料】で計算します!
内容は「適正在庫算出サービス」に準拠するもので、別途日時を改めて実施します。データを持参してご来社いただき、
自社の適正在庫がいくつになるのかをその場で計算します。シミュレーションも行い、ショートコンサルもいたします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

日時 :2017年10月20日(金) 13:00~17:00

会場 :テクニカルソリューションズ株式会社本社 (東京 JR五反田駅徒歩3分)

主催 :テクニカルソリューションズ株式会社

定員 : 6名(少人数限定のPC演習中心で徹底的に適正在庫の求め方を教授します)

参加費:3万8千円(税別)対象者経営者および経営企画、ロジスティクス、SCM、営業、物流、生産、調達部門のスタッフ・業務担当者

 

欠品を防止しながら在庫を削減する在庫適正化のためには、多すぎず少なすぎない適正在庫の値を正しく知る必要があります。また、その値を使って自社の在庫管理システムを上手に運用することも大切です。本セミナーでは、まず、自社の生産・調達・販売・物流システムに合った適正在庫を知るための基本を学び、次いで適正在庫をエクセルでも計算できるように、データの集め方から計算方法までを具体的に解説します。そして、実際に自分で適正在庫を計算して、その結果で在庫がどう推移するであろうかのシミュレーションを行って、

正しい適正在庫を知ることの威力を確認します。PCシミュレーション演習を行うことにより、適正在庫基準値を使ってどのように在庫適正化を進めたらよいかのノウハウも身につけていただけます。日本に安全在庫の古典理論を紹介し、適正在庫コンセプトを根付かせた伝説のセミナー「適正在庫の考え方・求め方セミナー」が、少人数制PC演習中心のセミナーで復活したものです。。講師は、在庫理論の第一人者・勝呂隆男。単なる在庫削減ではなく、適正在庫を定めることで戦略的な在庫投資をおこない売上げを伸ばし利益を拡大する方法を徹底的に学んでいただきます。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【東京】第15回 適正在庫APIM無料紹介セミナー

 

本セミナーでは適正在庫理論のパイオニア・TSC勝呂隆男が『APIMを活用して、在庫適正化をすすめる方法と考え方』を、ご説明します。適正在庫算出ソフトAPIMの導入をご検討されている方を対象として、その考え方と技術の概要を紹介し、APIMで算出した適正在庫基準値を使って在庫適正化活動を進める方法を解説します。


IMG_3363IMG_3358-min

 

 

日時 :2017年10月11日(水) 13:30~17:30

会場 :テクニカルソリューションズ株式会社本社 (東京 JR五反田駅徒歩3分)

主催 :テクニカルソリューションズ株式会社

参加費:無料  対象者経営者および経営企画、ロジスティクス、SCM、営業、物流、生産、調達部門のスタッフ・業務担当者

 

 

TSCでは「生産管理技術」を中心にさまざまなセミナーを行っています。
お客様のご要望にあうものがございましたらどうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

詳しくはこちらから>> http://www.tscinc.co.jp/seminar.html

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

第4回(通算62回)安全在庫の古典理論計算式は科学的な誤りでした

|公式を鵜呑みにしてはいけない

 

数学や物理の受験勉強では、公式や定石をたくさん覚えて試験に臨んだ方が多いと思います。

モノづくりや生産管理の世界にも公式・定石はたくさんありますが、これを鵜呑みにしてはいけません。

なぜなら、そのようなテクニックができたときの前提条件が変わってしまったら、役に立たないどころか害悪にすらなることがあるからです。

学校の試験では前提条件がきちんと決められていますが、

現実のビジネスの世界は日々変化を続けており、誰も前提条件を保証して採点をしてくれるわけではないからです。

 

生産管理でよく使われる公式に、安全在庫計算式がありますが、
最近、Yahoo!知恵袋からこんな回答要請がありました。

 

ID非公開さん 2016/8/2915:34:11

「適正在庫数と安全在庫数の求め方を教えてください。 全くわかりません。

 

 

いろいろ調べたところ、

 

適正在庫数の求め方

適正在庫数=その商品の1日あたりの平均売上数×発注から納入まで日数×安全率

安全在庫数の求め方

安全在庫量=安全係数×出庫量の標準偏差×√調達リードタイム

 

ここまではわかりました。

適正在庫数>安全在庫数 となるのはなぜでしょうか?

 

私はこの質問に対して、次のように回答しました。

 

適正在庫の公式定義は以下の通りです。

適正在庫 = サイクル在庫 + ミニマム安全在庫

欠品防止のために決めたサービス率を必要最小限満足させるミニマム安全在庫を保有して所定の販売・需給・輸送ならびに在庫の管理方式をとったときに工場または販売拠点等が保有する適正な平均在庫のことである。

(『工場管理』誌2016年2月号にて告示・公開済)

 

適正在庫、安全在庫の間違った俗説に振り回されているようですが、問題意識をもったことは大変素晴らしいことです。 もっと勉強したかったら、私の名前で検索してみるといいでしょう。 ご健闘をお祈りします」

 

在庫理論は純粋に数学論理で構築されていますので 正誤は論理的に明らかにされるのですが、

最近、この手の質問に対する回答要請が多く、世の中には誤った俗説が溢れているように思えます。さながら、悪貨が束になって良貨を駆逐しようとしてるかのような感もあります。

 

|安全在庫計算式のディメンジョンチェック

 

約半世紀前に生まれた「統計的安全在庫の理論」(安全在庫の古典理論)では、安全在庫計算式として次式を示しています。

 

安全在庫  ss=k√Tσ‥‥①

(k:安全係数、T:リードタイム、σ:需要標準偏差)

ここで、標準偏差は次のように計算されます。

標準偏差  (※数式表示不可のため、計算式省略)‥‥‥②

これを基に①式をディメンジョンチェックすると、

[N]=[√TN]‥‥‥‥‥‥‥③

(N:個数・回数、T:時間)

 

となり、左辺と右辺の単位が異なるために、この公式は論理的に誤りであると結論づけられます。

 

ディメンジョンチェックというのは、物理学者がよく使う手法であり、ある公式が導出されたときに左右両辺の単位を調べて左右で単位が一致するかどうかで、正しい公式かどうかを確認するものです。科学技術の基本中の基本となるものです。

 

|リードタイムの数え方を変えると

 

以上に示したように、

安全在庫の古典理論による計算式は科学的に誤りであったことが証明されてしまいました。

半世紀以上にわたって定説とされ、大学でも教えられており、情報処理技術者試験など、国家試験資格などでも出題されていたものですから、かなりショッキングなことです。

私も大学で学んだ計算式を何の疑いもなく受け入れて、日刊工業新聞社発行の自著でも解説していましたので責任を感じております。

 

幸いにも、自著では、現代では使い物にならない理論式として批判的に扱っており、それを改良する理論としての適正在庫理論を紹介しておりました。

 

そしてこの理論では、特許にもなった新しい方式でリードタイムを数えます。

この教え方に基づきディメンジョンチェックを行うと④式となり、科学的に正しい安全在庫計算式であることが確認されます。

これでまずは、一安心です。

[N]=[N]‥‥‥‥‥‥‥‥‥④

 

この正しいリードタイムの数え方とは、1回、2回、3回…と回数を数えるように時間を数えることです。

つまり、飛び飛びの値で時間を数えるということで、時計でいうと、アナログ時計ではなくデジタル時計の方が正しい時間の数え方であるということになります。

 

これも誤った俗説の部類になりますが、

安全在庫計算式①の√の中に、半月だから0.5カ月であるなどと少数の値を入れて計算するのは、完全な間違いということであります。

 

以上に示したように、世間で常識とされている公式には間違ったものが含まれていますから、

それを鵜呑みにせず、まずは地頭で考えることが大切なのです。

—————————————————————————————————————————————-

—————————————————————————————————————————————–

適正在庫のパイオニア|勝呂隆男(すぐろ たかお)

◼︎資格
文部省科学大臣 技術士(経営工学部門 39376)
経済産業大臣登録 中小企業診断士(現在休業中)
DETAILED WORK-FACTOR (SMC)

◼︎公職・所属
(1999-2005)   早稲田大学 招聘講師
(1999-)      中小企業大学校 講師
(1999-2000)   職業能力開発総合大学校 非常勤講師
(2004)    東京工業大学 招聘講師
(2004-2005)  経済産業省 戦略的基盤技術力強化事業中間評価委員
(2014-)               経済産業省委託 日本ロジスティクスシステム協会事業
「次世代物流システム構築事業」コンソーシアム委員

適正在庫セミナー_テクニカルソリューションズ(株)