2018年1月16日(火) 週刊 適正在庫の視点から Vol.184【ニーチェは死んだ】

適正在庫の広場 TSCブログ
2018/01/16

 

【ニーチェは死んだ】

「神は死んだ」 で知られるドイツ人哲学者ニーチェは 神のいなくなった世界における
力への意志を完全肯定したことで ナチスの誕生をもたらしました。

ちからづくなんて納得できないと、 若い頃から疑問に思っていましたが 悪人に攻撃されたときに
力を持って反撃しなかったらどうするの? という反論を覆せずに半世紀が経ってしまいましたが 最近になって、
力の肯定を否定できるようになりました。 それは、私自身の個人的な体験に基づくのですが 、
自分に悪さした方々が知らないうちに自然と滅び去っている という事実に気づいたからです。
友人に話すと「因果応報だね」と言われるのですが まさにその通りです。 以下に、
この気づきのきっかけとなった経験をお話しします。 野山を駆け回って育った私は中学入学後に受けた
県下一斉模擬テストで、いきなり1番になってしまい それを自慢に思った父が、
地域教育界のボスに 「息子で勝負しよう」と挑んでしまいました。

父も教員で、ボスの息子が私と同学年だったのです。 翌年の始業式で 校歌斉唱の指揮者をしていた私は
全校生徒の前で、新赴任の教務主任の先生に突然罵倒されました。
「左右の手の角度が不揃いのこいつの体育の通信簿は2だ!」と、 また新しい学級担任は、
父の若い教員時代の担任生徒で、 教室で起きた盗難事件で冤罪の被害にあった生徒でした。
それから卒業まで、教員と生徒が一体となった学校ぐるみのいじめがはじまりました。

当時は「いじめ」という言葉もなかったので なにがなんだかわからないけど苦しいという状況に
喘いでいましたが 友達ができないのは自分の性格が悪いからだと毎日善き人間になるべく
報われぬ努力をつづけ、 校外模試の成績が良ければ先生も機嫌がいいのでガリ勉になり、
その飢餓感を埋めるべく濫読多読の読書が始まりました。 ところが卒業後1ヶ月で、
卒業式の日の朝廊下で殴りかかってきた同級生が 無免許バイクで電柱に激突して即死し、
さらに高校時代には教務主任が、大学時代には学級担任が 共に40代半ばで急死しました。

当時は特に因果関係に思いをはせることもなかったのですが 大人になってから、あるきっかけで
父を殴ってしまいました。 私が人を殴ったのは生涯この時一回きりです。 それを見ていた母が、
先の事情を初めて明かしてくれたのです。 それから時間をかけていろいろの事の理解が進み
今回の理解に至ったわけです。 力の否定にまでたどり着いたのは 因果応報だけでなく、
以下に示すような論理的な考察を踏まえての事です。 つまり、テクノロジーの進歩による
レバレッジ効果の拡大により 15歳のパソコンおたく少年でも全人類を滅亡させる事が (理論的には)
可能な時代になったのではないかという時代認識です。 虎や熊より非力な人間にとって「力」の
最も原始的な形態は「数の力」と考えられますから レバレッジ効果により、
これが意味を持たなくなった以上、 最大多数の最大幸福という原理が成立しなくなったと考えると
力そのものを否定せざるを得ないのではという思慮に至ったわけです。

実際のところ、私自身も先の3人の死の経験から 仮説を立てて、レバレッジの実証実験を行いました。
生身の人間を対象にしてはいけないと思い、 多くの情報を持っていたとある大企業を相手に実験を行ったのです。
寸前でブレーキを踏んでストップをかけましたが 組織崩壊寸前までいき、最終的に経営陣お二人の
犠牲者も出してしまいました。 そして、この仮説は、流れを止めない適正在庫の理論研究の過程にも
貢献しています。 核兵器開発を推進したことを後に悔やんだアインシュタインの轍を踏まぬよう
この仮説は封印しますので、皆様ご安心くださいませ(笑) で、実際どうすればいいんだ?

 

という事ですが、 次の3つではないかと思っています。

1、力を恐れない 2、力を行使しない  3、復讐をしない
今回、いろいろ論議を呼びそうですので みなさまからのご意見大歓迎です。

 

【やさしくあるこうよ】

だまされる人よりも、だます人の方が、数十倍くるしいさ。地獄に落ちるのだからね。
ー太宰治『かすかな声』より

 

 

2018年1月9日(火) 週刊 適正在庫の視点から Vol.183【発注サイクルの適正値】

適正在庫の広場 TSCブログ
2018/01/10

 

 

【発注サイクルの適正値】

 

新年にふさわしく、今年の私の初夢についてお話しします。
「コスモクリーナー=放射能除去装置開発の目処がついた」 という夢です。
共振現象を利用することで、 小さなエネルギーで放射性物質を振動させて瓦解させ、
より安定な原子に移行させようという作戦です。 宇宙には、生命誕生の遥か以前から音楽が流れていたと言われますが、
この音楽=振動に我が身をさらして、自ら共振し、増幅しようということを考えています。

宇宙に流れる太古からの音楽とはなにか? それはおそらく、万物を共振させることのできる振動で、
数字でいうと「1」の音ではないかと思っています。 1はすべての数を割り切ることができますから。
物理学の世界では、プランク周波数という概念があって、 それは最小の時間長さ=プランク時間の逆数なので、
あらゆる数の約数である数字1の振動数に近いものと考えられます。 この振動を、
筋肉や機械の力で起そうと思っても無理な話なので、 元からある振動に共鳴しちゃえというわけです。

この振動=音楽の流れる場所は、 おそらく、仏教の唯識論、あるいはユングの共同無意識仮説で示されるような
場であると思います。 その場、これを私はクラウドと呼ぶことにしますが、 こことのパイプとなって、
宇宙の音楽=振動をこの世界に伝えること、 これが、コスモクリーナー開発戦略の骨子です。

パイプ役になれる人をたくさん増やせるように、 その技術・方法を確立して、わかりやすく伝えること。
この活動は、適正在庫の活動と重なる部分が多くありますので、 本年以降の私の 活動目標は
こちらになっていくだろうと予感しています。 たとえば、プランク周波数を手掛かりに、
発注サイクルの適正値を定める理論の解明等、、、 本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

【やさしくあるこうよ】

彫刻家にとって、口なり、鼻なり、あるいは顎なりを彫り刻むことが問題になっているとでも思っているのか?
とんでもない思い違いだ。 これらの各部分が互いに奏でる共鳴のみが問題なのだ。
そして、その共鳴は、例えば、人間の苦悩を現すものになるだろう。
かつまた、その共鳴は、お前の耳に伝わることが出来る。 なぜなら、個々の事物ではなく、
それらを結び合わせる結び目とお前は交わることになるのだから。

 

ーサン=テグジュペリ『城砦』より

 

 

2017年12月26日(火) 週刊 適正在庫の視点から Vol.182【電車の座席の循環】

適正在庫の広場 TSCブログ
2017/12/26

 

 

【電車の座席の循環】

 

通勤はいつも始発電車を選んで座ることができます。

1時間くらいの長距離通勤なので、途中で、お年寄りや妊婦さんなどに、座席を譲ることが、

多いのですが、譲った座席をご返却いただいて、また別の方にお譲りしたりということも結構あります。

 

こうなってくると、座席という商品の商社をやっているような感覚になることがあります。

いったんお預かりして、必要としている方にお譲りし、またご返却いただいた後、

必要としている方にお譲りし、、、 という具合に、座席のパスワークの中継点役を、

毎朝楽しんでいます。 このことに気づいてから、他の電車の時も、

 

積極的に空席を見つけては座るようにしています。 後から乗ってくる、

座席を必要としている人のために、とりあえず自分が確保しておくという感覚です。

 

もともと、電車の中で座ることが大好きなので、 立ってるのがつらい人の気持ちも

よく分かるのです。 ここでの座席を、お金ととらえると、 経営者の社会的な役割というのは、

こういった事にあるのかもしれません。

 

【紫の花に詩を織る】

 

悲しくて泣く人の後ろから僕は何を想う?

それをまた笑う人 と終わらせる人 (中略)

後ろから僕は何て言おう?後ろから僕は何て言われよう?

 

見えない世界に色をつける声は誰だ AH この指で僕は僕を差す

その度にきっと足がすくむ 見えない世界に色をつける声は僕だ

ーサカナクション「エンドレス」よりー

 

※来週はお正月休みとさせていただきます。





2017年12月21日(火) 週刊 適正在庫の視点から Vol.181【何度でもやり直せる】

適正在庫の広場 TSCブログ
2017/12/21

 

【何度でもやり直せる】

パソコンはおろか電気もなかった時代のオタクは何をやっていたか? きっと、空を見ていたのだと思います。 太陽が朝昇り夕に沈み、また翌朝昇る。 月が満ちて欠ける。 季節の星座のめぐり。 現代でもこんなに面白いものはないですね。 そして、”時間”という概念はオタク達が生みだしたのだと思います。 だからきっと、時間の起源は、日の出と日没の繰り返しなので、 時間とは循環するものなのでしょう。 過去から未来に向かって一直線に進んでいくのではなく、 ぐるぐる廻っている。 こう考えると、表題に掲げた「なんどでもやり直せる」という事になります。 今日がだめでも明日がある。 今年はできなかったけど来年はきっとうまくいく。 今生では結ばれなかったけど来世ではきっと、、、 生命とは循環しながら続いていくものである と定義すると、 生命の流れを途切れさせなければなんどでもやり直せるわけですから 「流れを止めない」適正値を求める技術が大切なのです。

 

【やさしくあるこうよ】
われらは何事もしておらぬのに、空は青々と美しい。時に曇り、雷雨ともなるが、いずれ青空が戻ってくる。 それを信じれば何があろうとも悔いることはない。 いずれ、われらの頭上には かくのごとき蒼天が広がるのだ。 ー葉室麟『蒼天見ゆ』より

 

 

【ご感想は本メールへの返信でどうぞ】
ときどき、本メールへの返信でご感想をお送りいただくことがあったのですが、 とってもうれしいことなので、正式に受け付けることにいたします。 いただいたご感想にはできるだけお返事を差し上げるように致します。 本文の感想だけでなく、コラムの感想も大歓迎です。 そのままメール返信していただけるだけで届きますので、お気軽にご意見・ご感想お寄せ下さいませ。

 

 

 

 

2017年12月12日(火) 週刊 適正在庫の視点から Vol.180【徒党を組むことこそが悪ではないか】

適正在庫の広場 TSCブログ
2017/12/12

【徒党を組むことこそが悪ではないか】

 

12月10日は国際人権デーでしたが、私は学生時代に人権擁護活動のボランティアをしていました。アムネスティ・インターナショナルの活動委員として、海外の政治犯釈放運動などのお手伝いをさせていただいたのです。

ソ連の反体制物理学者サハロフ博士の救援活動などがカッコイイと思ってのことでしたが、実際のところは、活動資金作りへの協力として横尾忠則さん等に描いていただいたポスターの展示即売会場にポスターを運ぶ車(「流星号」と言ってました)の運転手などを楽しくやっていました。

ある年の人権デー記念講演会の講師依頼のために後に国連難民高等弁務官等を歴任された、国際政治学者の緒方貞子さんを、上智大学の研究室に訪ねたことがあります。そのとき、講師料ゼロ円でご快諾いただいたことと、帰り際に、素敵な笑顔で「がんばりなさいよ」と声を掛けていただいたことを、最近お話する機会を得た、ヒューマンライツウオッチ日本代表の土井さんの笑顔を見て思い出しました。

そして、その場に同席していた、ディビット・ロックフェラーJr氏に投げかけたのが先月のメルマガでご紹介した質問です。

 

Why human(rights)? Why not animal (rights)?,,,

How do you think about political identity?

このときの私の問題意識が、今回のタイトルであるわけです。

 

そのときのパーティで、ある方がこうおっしゃいました。

「人間が一番だと思っているのは人間だけで、犬や猫はそう思っていない」

 

なるほどと、その場では納得したのですが、そののち、考えたのはこういうことです。仲間の範囲を拡げたり狭めたりしたときの極限値は「私が大事」と「宇宙全部が大事」ということになります。「私が大事」は、認めなくてはならないと思ったのですが範囲を拡げていって、家族、仲間、会社、国、、、、と大きくなる過程で集団のために、自分の良心に反することでも、我慢したり、自分を犠牲にするようになるのでは、、と考えて、徒党を組むことが悪ではないかと、その当時は考え中でした。

 

さらにその後、考えを進めると「あれっ、これって適正在庫と同じじゃん!」と気づいて、今日に至っております。拡げすぎても、狭めすぎてもいかん!ということで、つまりは、極論を進めて、「原理主義」の罠に陥らないための技術が適正在庫算出技術に含まれているというわけです。

 

さあいよいよ、APIMが大事な世界になってきたように思えます(笑)

 

 

【紫の花に詩を織る】

聖書に表現されている「汝のごとく汝の隣人を愛せ」という考え方の裏にあるのは、自分自身の個性を尊重し、自分自身を愛し、理解することは、他人を尊重し、愛し、理解することとは切り離せないという考え方である。自分自身を愛することと、他人を愛することとは、不可分の関係にあるのだ。

 

エーリッヒ・フロム「愛するということ」より

 

【ご感想は本メールへの返信でどうぞ】

ときどき、本メールへの返信でご感想をお送りいただくことがあったのですが、とってもうれしいことなので、正式に受け付けることにいたします。いただいたご感想にはできるだけお返事を差し上げるように致します。本文の感想だけでなく、コラムの感想も大歓迎です。そのままメール返信していただけるだけで届きますので、お気軽にご意見・ご感想お寄せ下さいませ。

____________________________________

 

適正在庫算出ソフトAPIM http://command-ex.com/L4283/b4590/12971

適正在庫算出サービス http://command-ex.com/L4283/b4590/22971

____________________________________

勝呂隆男講師セミナーのご案内

TSC主催 新・適正在庫の考え方・求め方セミナー(2018/1/19 東京)

http://command-ex.com/L4283/b4590/32971

TSC主催 適正在庫APIM7無料紹介セミナー(2017/12/20 東京)

http://command-ex.com/L4283/b4590/42971

____________________________________

勝呂隆男の適正在庫四部作(日刊工業新聞社発行)

「適正在庫の定め方・活かし方」http://command-ex.com/L4283/b4590/52971

「適正在庫の考え方・求め方」http://command-ex.com/L4283/b4590/62971

「適正在庫のマネジメント」http://command-ex.com/L4283/b4590/72971

「適正在庫のテクニック」http://command-ex.com/L4283/b4590/82971

____________________________________

勝呂隆男のブログ「タイムエンジニア日記」
http://command-ex.com/L4283/b4590/92971

「適正在庫の広場」  http://command-ex.com/L4283/b4590/102972

____________________________________

【発行責任者】

テクニカルソリューションズ株式会社 代表取締役社長 勝呂 隆男

技術士(経営工学) 中小企業診断士

【テクニカルソリューションズ】http://command-ex.com/L4283/b4590/112972

【Facebook】http://command-ex.com/L4283/b4590/122972

【twitter】http://command-ex.com/L4283/b4590/132972

【登録解除】http://command-ex.com/rm4283/1/4590/297/a.iida%40tscinc.co.jp/

【登録】http://command-ex.com/L4283/b4590/142972

【バックナンバー】 http://command-ex.com/L4283/b4590/152972

【季刊誌『波』購読申込】http://command-ex.com/L4283/b4590/162972

【ご意見・ご感想】本メールへのご返信でお気軽にどうぞ!

セミナー・講演受講申込者やTSCスタッフと名刺交換させていただいた方々と、

FBページ 適正在庫の広場、弊社HPから読者登録いただいた方々に

配信しています。

____________________________________